コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水金 スイキン

デジタル大辞泉の解説

すい‐きん【水金】

みずきん(水金)1

みず‐きん〔みづ‐〕【水金】

陶磁器の上絵の具の一。塩化金硫黄テレビン油などを加えた濃厚液。金彩色に用いる。金液。すいきん。
湯水のように惜しげなく使う金銭。
「濡事師は―は遣ひうちのこと」〈滑・八笑人・三〉
賄賂(わいろ)。〈和英語林集成

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいきん【水金】

みずきん(水金) 」に同じ。

みずきん【水金】

陶磁器表面の金彩色に用いる上絵付け絵の具の一。金の塩化物を硫黄・テレビン油などとまぜた濃厚液。金液。すいきん。
賄賂わいろ。 〔ヘボン〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

水金の関連情報