コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水金 スイキン

デジタル大辞泉の解説

すい‐きん【水金】

みずきん(水金)1

みず‐きん〔みづ‐〕【水金】

陶磁器の上絵の具の一。塩化金硫黄テレビン油などを加えた濃厚液。金彩色に用いる。金液。すいきん。
湯水のように惜しげなく使う金銭。
「濡事師は―は遣ひうちのこと」〈滑・八笑人・三〉
賄賂(わいろ)。〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいきん【水金】

みずきん(水金) 」に同じ。

みずきん【水金】

陶磁器表面の金彩色に用いる上絵付け絵の具の一。金の塩化物を硫黄・テレビン油などとまぜた濃厚液。金液。すいきん。
賄賂わいろ。 〔ヘボン〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水金の関連キーワードバラード(James Graham Ballard)ローシ ジョバンニ・ヴィットリオニューウェーブSFペツォルト ハンカパイロフィライトH. ペツォルト横尾 泥海男ホッブハウス朝霧 鏡子給排水設備リゴレット沢田 柳吉清水 静子浅草オペラ硫化エチル榎本 健一清水金太郎堺 駿二Nゲージ田崎 潤

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水金の関連情報