水金(読み)ミズキン

  • すいきん
  • みずがね みづ‥
  • みずきん みづ‥
  • みずきん〔みづ〕

大辞林 第三版の解説

みずきん(水金)に同じ。
陶磁器表面の金彩色に用いる上絵付け絵の具の一。金の塩化物を硫黄・テレビン油などとまぜた濃厚液。金液。すいきん。
賄賂わいろヘボン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 土、海砂、流水などの中から採取した金。
※山相秘録(1827頃)上「土中・井中・海砂中・流水中より出でたる者を水金と名づく。其の色淡黄なり」
陶磁器の上絵に用いる金色の塗料。金液(きんえき)。→みずきん(水金)
〘名〙
今川大双紙(15C前)馬に付て式法之事「をおさへ申次第、主人ならば、鐙の水金のもとを右の手にて取り」
読本・近世説美少年録(1829‐32)三「色に迷ふて密通財(ミヅガネ)を使ふは凡世間の、後生(わかうど)に多かれば」
〘名〙
湯水のように使う金。惜しげもなく使う金。みずがね。
滑稽本・八笑人(1820‐49)三「いづれ濡事師は、水金(ミヅキン)は遣ひうちのこと」
便宜をはかってもらうために贈る物。みずがね。賄賂。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
落語出刃包丁(1898)〈四代目柳亭左楽〉「此奴若ければ洲崎吉原へはめれば水金(ミヅキン)引いて手取り二百か三百に売れるのだが」
③ 陶磁器に用いる上絵の具一種。塩化金、硫黄、テレビン油等を用いて作る粘りけある油状物。塗って摂氏七〇〇~八〇〇度で焼くと、表面に金のができる。金液。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

水金の関連情報