コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷餅 こおりもち

百科事典マイペディアの解説

氷餅【こおりもち】

冬に凍らせて保存しておく餅。保存食一種。〈氷の朔日(ついたち)〉といわれた6月1日に氷を食べる風習が古くからあったが,この日に氷餅を食べる地方もあった。正月の鏡餅に代表されるように,餅はもともと儀礼的な食べ物でもあり,田植え時期に氷餅を食べることにもそうした意味合いが読みとれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こおりもち【氷餅】

冬の寒のうちについた餅を凍らせて,保存しておく餅のこと。凍餅(しみもち)ともいう。保存食の一種で寒い地方で行われる。庶民にとって正月は大量の餅をつくなど,一種の浪費をともなう行事であった。そのめでたい餅を春や初夏になっても食べることができるのは,ひとつのぜいたくでもあるが,正月の若やいだ気持ちを思い出させ,労働にはずみをつけることにもなる。また,保存食としての効果もあった。6月1日を氷の朔日(ついたち)といって,氷を食べる風習は古くからあったが,氷餅を食べるのは農耕労働で消耗した体力を補強する意味もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷餅
こおりもち

信州(長野県)名物の一つ。凍(し)み餅ともいう。餅を液状にして厳寒のもとで凍らせ、十数日をかけて自然乾燥させる。食するときは熱湯をかけ、砂糖を加える。鎌倉初期からあり、雪餅(ゆきもち)とも称した。武士は陣中の糧食としてそのまま食べたものらしい。江戸時代になっても、非常時に備えて、諏訪(すわ)藩は氷餅を御糧菓としていた。菓子というより主食に近く、病人食や離乳食にも用いられる。氷餅は岩手県など東北地方でもつくられる。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の氷餅の言及

【歯固め】より

…たとえば,平安時代の貴族社会では押鮎,鹿肉,大根などが用いられ,のちに鏡餅(古くは餅鏡(もちいかがみ)といった)も歯固めの具とされるようになった。現在民間では,餅やかちぐり(搗栗),豆,串柿などで歯固めをする所が多いが,6月1日(氷の朔日)まで正月の鏡餅を保存しておいて歯固めとも氷餅とも称して食べる所もある。年神に供えたものに霊力を認め,体力の消耗する夏にこれに頼ろうとする気持ちがかつてあったのかもしれない。…

※「氷餅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

氷餅の関連キーワード九増兵衛餅氷室の節句祇園ちご餅郷土菓子史生朔日初霜

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android