コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎アメリカ会議 はんアメリカかいぎ Pan-American conferences

3件 の用語解説(汎アメリカ会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汎アメリカ会議
はんアメリカかいぎ
Pan-American conferences

南北アメリカ大陸の独立国家のすべてまたは一部の代表間で開かれる,さまざまな会議。1826~89年に,国防や司法の共通問題を協議するため米州諸国間で開催された一連の首脳会議が発端となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はんアメリカ‐かいぎ〔‐クワイギ〕【汎アメリカ会議】

汎米(はんべい)会議

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汎アメリカ会議
はんあめりかかいぎ
Pan-American Conference

19世紀末以来、アメリカ合衆国を中心に西半球における協力や交流を促進したり、この地域の問題の解決を図るために開かれた米州諸国の会議。米州諸国会議(または単に米州会議)ともいう。1889年アメリカのJ・ブレーン国務長官が、中南米諸国との通商拡大や紛争の平和的処理法の協議のためにワシントンで最初の会議を開催。米州諸国の協力、交流の促進を図るため、米州共和国国際事務局(のちに汎アメリカ連合Pan-American Union)が設立され、汎アメリカ主義の活動が始まった。その後第2回メキシコ市(1901)、第3回リオ・デ・ジャネイロ(1906)、第4回ブエノス・アイレス(1910)、第5回サンティアゴ(1923)、第6回ハバナ(1928)、第7回モンテビデオ(1933)、第8回リマ(1938)、第9回ボゴタ(1948)と回を重ね、ボゴタ会議において米州機構OAS)に継承された。この間、種々の実務的取決めや学術文化交流などの協定が成立し、西半球における紛争解決や平和維持についても努力がなされた。とくにモンテビデオ会議ではアメリカが内政干渉権の廃棄を認め、リマ会議では西半球の共同防衛が宣言された。さらに1936年と45年にも、ブエノス・アイレスとメキシコのチャプルテペックで米州諸国の特別会議が開催された。
 なお以上とは別に、1826年パナマにおいて、独立達成まもない中南米諸国の間で、シモン・ボリーバルの指導下に防衛の協力を図るため汎アメリカ会議が開かれ、以後、中南米諸国は必要に応じ、1847年、56年、64年に共同防衛を意図した会議を開催した。[新川健三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汎アメリカ会議の関連キーワードアメリカインディアン北アメリカ新大陸全米汎米北米亜米利加汎アメリカ主義日本アメリカ史学会北アメリカ大陸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone