コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江木翼 えぎたすく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江木翼
えぎたすく

[生]1873.4.24. 山口
[没]1932.9.18. 東京
政治家。東京帝国大学卒業後,神奈川県事務官,法制局参事官,内閣書記官,拓殖局部長などを歴任。第3次桂内閣,大隈内閣の書記官長をつとめたのち,加藤高明内閣の司法相に就任。またその後,浜口内閣,若槻内閣の鉄道相をつとめるなど立憲民政党の幹部として活躍した。政界きっての読書家として知られ,著書に『江木翼論叢』がある。江木千之養子

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江木翼 えぎ-たすく

1873-1932 大正-昭和時代前期の官僚,政治家。
明治6年4月24日生まれ。江木千之(かずゆき)の養子。大正元年,3年についで13年第1次加藤高明内閣で3度目の内閣書記官長となり,行財政の改革,普選法案の成立につくす。この間の5年貴族院議員。14年第2次加藤内閣,15年第1次若槻内閣の法相。昭和4年浜口内閣,6年第2次若槻内閣の鉄道相。昭和7年9月18日死去。60歳。山口県出身。東京帝大卒。旧姓は羽村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えぎたすく【江木翼】

1873~1932) 政治家。山口県生まれ。東大卒。江木千之かずゆきの養子。書記官長・内相・鉄道相を歴任。憲政会・民政党の知恵袋と称された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江木翼
えぎたすく
(1873―1932)

大正~昭和期の政治家。山口県生まれ。江木千之(かずゆき)の養子。旧姓は羽村。東京帝国大学卒業後、1899年(明治32)内務省に入り神奈川県参事、内閣法制局参事官、拓殖局書記官を経て、1912年(大正1)第三次桂(かつら)太郎内閣の書記官長に抜擢(ばってき)された。翌年立憲同志会の結成に参加して党人生活に入った。1914年第二次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣、1924年護憲三派内閣の書記官長を務め、首相の補佐役として活躍した。この間1916年には貴族院議員に勅選された。1925年より第二次加藤高明内閣、第一次若槻(わかつき)礼次郎内閣の司法大臣、浜口雄幸(おさち)内閣、第二次若槻内閣の鉄道大臣を歴任した。立憲同志会―憲政会―民政党に所属し、博識と才気をもって党内で枢要な役割を担い、重要施策の大半に参画した。とくに浜口内閣においては内閣の中心となって首相を補佐し、行政財政整理実現に努めた。昭和7年9月18日病気のため死去した。[芳井研一]
『『江木翼伝』(1939・江木翼伝記編纂会) ▽『江木翼論叢』(1938・江木翼伝記編纂会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江木翼の関連キーワード12月5日鉄道弘済会江木 翼国光勉造

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android