コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄開発庁 おきなわかいはつちょう

5件 の用語解説(沖縄開発庁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖縄開発庁
おきなわかいはつちょう

国家行政組織法および沖縄開発庁設置法により総理府の外局として設置された国の行政機関。沖縄における経済の振興および社会の開発をはかるため,総合的な計画 (沖縄振興開発計画) を作成し,ならびにその実施に関する事務の総合調整および推進にあたることを主たる任務とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おきなわかいはつ‐ちょう〔おきなはカイハツチヤウ〕【沖縄開発庁】

沖縄の総合的開発事業の立案・実施、経済の振興を主な任務とした中央行政機関。沖縄の本土復帰に伴い、昭和47年(1972)、沖縄・北方対策庁を改編して設置。総理府の外局であったが、平成13年(2001)内閣府に統合され、関連事務は内閣府特命担当大臣(沖縄・北方対策特命担当)の掌理に移された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沖縄開発庁【おきなわかいはつちょう】

旧庁名。沖縄の本土復帰にともない,1972年5月総理府の外局として設置された行政機関。沖縄における経済振興と社会開発を図るため,総合的計画の作成および実施に関する事務の総合調整と推進にあたる。
→関連項目新石垣空港総理府

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おきなわかいはつちょう【沖縄開発庁】

沖縄の経済・社会発展のための事業の推進および総合調整にあたった総理府の外局。1972年(昭和47)沖縄の日本復帰にともなって設置。2001年(平成13)中央省庁再編にともない、内閣府に移行。 → 内閣府

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖縄開発庁
おきなわかいはつちょう

1972年(昭和47)5月15日に、沖縄の本土復帰に伴い、旧総理府の外局として設置された国の総合出先機関。2001年(平成13)1月の中央省庁再編により、総理府、経済企画庁などとともに内閣府に統合された。
 沖縄開発庁の主要な所掌事務は、沖縄振興開発特別措置法に基づく沖縄振興開発計画の作成、その実施に関する事務の推進、その実施に関し関係行政機関の事務の総合調整などであった。沖縄振興開発計画は、経済・社会などの各分野における本土との格差是正を目的とした社会資本、社会福祉、保健医療などの公共サービスの水準の引き上げや、産業の振興開発などを目的とする総合的な開発計画であったが、同庁はその計画の事業主体ではなく、総合調整機関にすぎなかった。なお、同庁には地方支分部局として沖縄総合事務局が置かれ、国の各出先機関が分掌していた許認可行政や国の直轄公共事業の実施事務などを統合して行う、文字どおりの国の総合出先機関であった。これらの機能は、2001年1月の中央省庁再編により、内閣府本府の政策統括官および沖縄振興局や内閣府の地方支分部局である沖縄総合事務局に引き継がれている。[福家俊朗・山田健吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄開発庁の関連キーワード伊江港小浜港上地港塩屋港仲田港仲間港水納港本部港沖縄の被爆者沖縄の長かな

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄開発庁の関連情報