コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原崎国太郎 かわらさきくにたろう

2件 の用語解説(河原崎国太郎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かわらさきくにたろう【河原崎国太郎】

歌舞伎俳優。江戸河原崎座の座元6世河原崎権之助の子で,幕末の若女方として著名な国太郎が1859年(安政6)に名のったのがはじまり。5世までのうち4世,5世が有名。(1)4世(1888‐1919∥明治21‐大正8) 本名井上正。熊本生れ。3世実川延三郎の門弟となり上京,1900年東京座で実川延子(えんし)を名のり初舞台。06年5月東京座で2世実川延太郎となり,宮戸座,蓬萊座で立女方として活躍,2世市川猿之助(猿翁)と組む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河原崎国太郎
かわらさきくにたろう

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号山崎屋。[服部幸雄]

初世

(1849―67)江戸河原崎座の座元、6世河原崎権之助(ごんのすけ)の子。若女方(わかおんながた)[服部幸雄]

4世

(1888―1919)熊本生まれ。1912年(明治45)6月、2世実川(じつかわ)延太郎から4世を襲名。女方(おんながた)。本名の井上正で新派にも出演した。[服部幸雄]

5世

(1909―90)本名松山太郎。洋画家松山省三の子。東京生まれ。2世市川猿之助(猿翁(えんおう))の門に入り、市川笑也(えみや)と名のり、劇団前進座の結成に参加。1932年(昭和7)5世国太郎を襲名。前進座の立女方(たておやま)として活躍、とくに世話物の女方に優れ、悪婆(あくば)物に独自の味を発揮した。著書に自伝『河原なでしこ』(1955)、『女形芸談』(1972)、『女形半生記』(1991)などがある。[服部幸雄]

6世

(1962― )6世嵐芳三郎(あらしよしさぶろう)の長男。本名寺田克己。前進座の女方。1998年(平成10)、5世嵐市太郎(いちたろう)から6世河原崎国太郎を襲名。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河原崎国太郎の関連キーワード河原崎長十郎河原崎国太郎(初代)河原崎国太郎(2代)河原崎権之助(初代)河原崎権之助(2代)河原崎権之助(3代)河原崎権之助(4代)河原崎権之助(5代)河原崎権之助(6代)河原崎権之助(8代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河原崎国太郎の関連情報