泉二新熊(読み)もとじしんぐま

  • 1876―1947
  • もとじしんくま
  • 泉二新熊 もとじ-しんぐま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1876.1.27. 奄美大島
[没]1947.10.25. 東京
明治・大正・昭和期の刑法学者。1902年東京帝国大学卒業後司法省に入り,1936年検事総長,1939~41年大審院院長,1942年枢密顧問官(→枢密院)を歴任牧野英一大場茂馬とともに明治末期から大正の日本の法学界を代表した。禁酒禁煙論者としても著名主著に『改正日本刑法論』(1908),『刑法大要』(1911)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1876-1947 明治-昭和時代前期の司法官。
明治9年1月27日生まれ。大審院判事,司法省行刑局長などをへて昭和11年検事総長,14年大審院長。東京帝大などの講師もつとめ,客観主義の刑法学者として実務,学説に影響力をもった。主著に「日本刑法論」。枢密顧問官。昭和22年10月25日死去。72歳。鹿児島県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法律家、刑法学者。奄美(あまみ)大島に生まれ、旧制第五高等学校(現熊本大学)を経て、1902年(明治35)東京帝国大学法科大学独法科を卒業。5年4月に検事としてスタートして以来、大審院判事、検事総長等を歴任して、1939年(昭和14)63歳で大審院長になった。泉二は実務家としてのみならず、東京帝国大学法学部、東北帝国大学法文学部などの講師を兼任し、客観主義の刑法学者として活躍した。また、刑法改正作業においても、刑法改正予備草案、改正刑法仮案の作成に参与した。代表的著作としては、1908年の『改正日本刑法論』を分冊した『日本刑法論』上下二巻(1927)があり、ほかに『刑法大要』(1911)、『刑事学研究』(1920)などがある。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android