法規命令(読み)ほうきめいれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法規命令
ほうきめいれい

行政権が法条の形式で定める法規としての性質をもつ命令行政規則に対するもの。明治憲法のもとで認められていた法律の授権によらないで制定される独立命令は現行憲法のもとでは認められず,すべて法規命令の制定は法律の授権を必要とする。法規命令は,その内容により,執行命令と委任命令とに,授権法規との関係により,職権命令と委任命令とに,また制定機関により,政令,内閣府令,省令,外局規則および会計検査院などの独立機関の規則に分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうきめいれい【法規命令】

行政機関が、その行為・組織に関して定める法規範のうち、一般に国民の権利・義務にかかわるもの。実質的区分として執行命令と委任命令の区別があるが、形式的には政令・省令などがある。 → 行政命令

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法規命令
ほうきめいれい

行政権の定立する法規たる定めをいう。法規の性質をもたない行政命令・行政規則・行政規程に対立する観念である。ここで法規とは国民の権利・義務に関する法規範をいう。明治憲法は法律から独立な独立命令を認めていたが、現行法上は国会が唯一の立法機関であって、行政権は、法律の委任ある場合(委任命令)および法律を執行具体化する場合(執行命令)以外は法規命令を発することはできない。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法規命令の言及

【行政立法】より

…日本の現行憲法下においては,国会が国の唯一の立法機関となった(日本国憲法41条)ことから,行政立法はもっぱら執行命令または委任命令としてのみ許容される(73条6項)。 行政立法は,その内容によって,通常,一般国民の権利義務に関する規律(法規)を含む法規命令とこのような内容を有していない行政規則(または行政規程。行政命令ともいうが,この語は法規命令をさして使われることもある)に分類される。…

※「法規命令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android