コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政立法 ぎょうせいりっぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行政立法
ぎょうせいりっぽう

行政権法条の形式で一般的抽象的な定めをすること。この定めには,法規としての性質をもつ法規命令と法規としての性質をもたない行政規則とがある。現行憲法は,国会を「国の唯一の立法機関である」 (41条) とし,限定的例外的に行政立法を認めているにすぎない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょうせい‐りっぽう〔ギヤウセイリツパフ〕【行政立法】

行政機関が、その組織や行為の基準として定める規範規則のこと。また、その規範・規則を定める行為。国民の権利・義務に関する規範である法規命令と、法規の性質をもたない行政規則とがある。法規命令には、政令省令内閣府令・規則などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうせいりっぽう【行政立法】

行政機関が定める一般的性質を持った法的規律をいう。憲法または法律を実施するための行政立法を執行命令といい,法律の委任に基づいて制定される場合を委任命令という。行政立法をどのような範囲で許容するかは,三権分立の具体的形態に関する憲法上の判断にかかっている。一般に近代的市民階級の力が脆弱(ぜいじやく)で,封建的諸勢力がなお強力である場合には,国民主権主義の思想は国家機構のあり方に十分反映されず,市民階級の代表者を含む議会(立法府)の地位は相対的に低く,封建的諸傾向をもった勢力が実質的に行政権を掌握し,広範な行政立法権を行使することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうせいりっぽう【行政立法】

行政機関が、その行為・組織に関する基準を、具体的な処分の形式ではなく、一般的・抽象的な法規範として定めること。一般に国民の権利・義務に関するものを法規命令といい、その性質をもたないものを行政規則という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

行政立法の関連キーワード行政規則・行政命令コンセーユ・デタワシントン(市)政令・省令・府令コンセイユ・デタチェロキー憲法ケープ植民地対日講和条約イギリス帝国人事院規則ウムタタ第二帝政沖縄問題行政行為南京政府行政機関行政組織行政裁量独立命令五権憲法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行政立法の関連情報