コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立命令 ドクリツメイレイ

5件 の用語解説(独立命令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どくりつ‐めいれい【独立命令】

法律から独立して発せられる命令。明治憲法下で、天皇の大権として認められていた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

独立命令【どくりつめいれい】

法律に根拠をもたず,行政権によって法律から独立して発せられる命令委任命令執行命令のように法律に基づいて発せられる命令と異なる。旧憲法では緊急勅令とともに認められたが,現行憲法は認めていない。
→関連項目副立法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どくりつめいれい【独立命令】

行政府が法律を根拠とすることなく独自に定める命令。行政立法の一種であるが,法律を執行するための執行(施行)命令,法律の委任に基づく委任命令と異なる。独立命令は,歴史的には,議会の地位が低く,君主に直属する行政府に高い地位が与えられていた立憲君主主義憲法下において認められていた。1814年のフランス憲法14条は国王に明示的に独立命令権を与え,またドイツでも19世紀末まで事実上認められていたが,議会の力が強くなるに従い否定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独立命令
どくりつめいれい

法律の規定を実施するためでもなく、法律の委任に基づくものでもなく、法律から独立に発せられる命令。天皇主権をとる明治憲法の下では「公共の安寧秩序を保持し臣民の幸福を増進する」という抽象的な目的で発せられたが、国民主権主義をとり、国会を唯一の立法機関とする日本国憲法では認められていない。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の独立命令の言及

【勅令】より

…勅令の形式的効力は法律に劣るとされた。勅令には,法律を執行するための執行命令や法律の委任に基づく委任命令のほか,法律とは独立に出される独立命令と,帝国議会の閉会中に緊急臨時の必要がある場合に出される緊急勅令とがあった。軍の統帥事項に関する規定で内閣総理大臣の副署を要しない軍令も,広い意味での勅令である。…

※「独立命令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

独立命令の関連情報