コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津久見[市] つくみ

百科事典マイペディアの解説

津久見[市]【つくみ】

大分県東部,津久見湾に面する市。1951年市制。豊富な石灰岩脈があり,1916年日豊本線開通,1919年セメント工場設置後大規模な採掘が始まり,中心市街津久見港の整備とあいまってセメント工業都市として発展,セメントを移輸出する。
→関連項目ツヅラセメクラチビゴミムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つくみ【津久見[市]】

大分県東部,豊後水道の津久見湾に臨む市。1951年市制。人口2万4848(1995)。山が海にせまり,典型的リアス式海岸が発達する。湾奥にわずかに低地があり,市街が発達,日豊本線,国道217号線が通じている。三方を囲む山地は古生代二畳紀の石灰岩脈からなり石灰石が採掘され,セメントの町として発展した。岩脈は水晶山地区を東端として,南西方向に約20kmにわたって連続しており,鉱床の幅も500~1700mに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津久見[市]の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広ANZUS条約稲垣浩大庭秀雄社会福祉法

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津久見[市]の関連情報