活線作業(読み)かっせんさぎょう(英語表記)hot‐line work

世界大百科事典 第2版の解説

かっせんさぎょう【活線作業 hot‐line work】

電圧のかかった状態で送配電線の修理などを行うこと。電力の供給を停止せずに行うので望ましい方法であるが,工具,衣服などをくふうして感電の危険を十分除いて行う必要がある。送電線では不良碍子(がいし)の検出と取替え,電線を碍子からつり下げる金具(クランプ)の取替え,汚れた碍子表面の清掃などが活線作業で行われることがある。絶縁耐力の高い長い棒の先に金属製の工具をつけた活線工具を用いて行うことが多い。電線に止まる鳥のように,人体全体が十分絶縁されて電線と同じ電位になれば安全である場合もあるが,高電圧部分には近づかないのが原則である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活線作業
かっせんさぎょう

送電線や配電線の点検や補修作業などを停電せずに行うこと。電気を変電所や一般家庭に送るための送電線や配電線は、つねに正常の状態に維持し、断線、短絡などの事故の起こることを極力防止する必要がある。このため、巡視(徒歩やヘリコプターで線路の状態を確認すること)、点検手入れ(電線・碍子(がいし)などを調査測定する)、補修作業(劣化や破損がある場合にそれらを取り替え、補修する)などを行い、つねに健全な状態を保つようにしている。活線作業とは、これらの作業を、停電することなく、電気を印加した(電圧をかけて電流を流した)状態のまま行うことをいう。これに対し、停電して作業することを停電作業という。しばしば目につく配電線の活線作業の場合、活線部分(電気を印加している充電部分)をゴム線カバー、ゴムシートなどの絶縁防具で覆い、作業者はゴム手袋やゴム長靴などの絶縁保護具を着用して作業している。なお、変電所や発電所において注水して碍子を洗浄する際、停電することなく電気を印加したまま行うことを活線洗浄という。[内田直之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android