コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海北派 かいほうは

4件 の用語解説(海北派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海北派
かいほうは

桃山時代の海北友松を始祖とする漢画系の画派。友松は浅井家家臣,海北家の武人であるが,50歳代より本格的作画活動に入った。初め狩野派や宋元画を学んだが,のち独自の画境を開いて一家をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいほう‐は【海北派】

海北友松を始祖とする日本画の一流派。安土桃山時代から幕末まで続いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいほうは【海北派】

日本画の一流派。海北友松を始祖とし、安土桃山時代・江戸初期には、狩野・土佐・長谷川各派と並んで、画界の主要な位置を占めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海北派
かいほうは

海北友松(ゆうしょう)を祖とし、安土(あづち)桃山時代より明治維新に至るまで続いた画派。その家系は現在も存続する。従来、友松を孤高の武人画家と解すあまり、はたして彼が一派を結成して流派活動に励んだかどうか否定的であったが、近年、友松様の人物画に長じた画人として鉄山東流や神前松徳(しんぜんしょうとく)、増田友柏(ゆうはく)などが紹介されたため、この問題は改めて俎上(そじょう)にのせられつつある。しかし、現状では、彼らと友松との師承関係や派閥的協調関係を具体的に物語る資料が見当たらず、これについてはなお今後の検討にまつべきであろう。もっとも友松の画業の後継者には、晩年の子友雪(ゆうせつ)がいる。彼は一時期小谷忠左衛門と称し、土佐、狩野(かのう)といった専門絵師より一段低い「絵屋」をなりわいとする生活を送っていた。それが後年、春日局(かすがのつぼね)(友松の親友・斎藤利三(としみつ)の娘)の引き立てにより海北家を再興、禁裏の襖絵(ふすまえ)制作にも参加するほどに活躍した。しかし、その作品は独自性を主張するほど個性的でもなく、江戸狩野様式にかなったものが多い。これ以後海北家は、友竹―友泉―友三―友徳―友樵(ゆうしょう)と、明治まで画業を継承するが、最後まで多分に町絵師的性格を保持していた。[榊原 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の海北派の言及

【海北友松】より

…桃山時代の画家。海北派の祖。名は紹益。…

※「海北派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海北派の関連キーワード望月玉渓森村宜永塩川文鵬杉原鼓澤鈴木松僊中野其玉長谷川玉粹前川孝嶺川端玉雪鬼頭如石

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone