コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団練 だんれん tuan-lian; t`uan-lien

5件 の用語解説(団練の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団練
だんれん
tuan-lian; t`uan-lien

中国の民間武装組織。主として農村の壮丁を徴集もしくは募集し,地元民から調達した経費で維持され,地域の治安維持にあたり,内乱時には政府軍を補助した。中国にはこの種の武装組織が古くからあるが,清朝中期以降盛んとなり,白蓮教の乱,太平天国の鎮圧に大きな役割を果し,ことに後者の場合には他地域に出動して作戦するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だん‐れん【団練】

中国の郷村の住民による武装自警組織。代に起こり、代に盛行。団防。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だんれん【団練 Tuán liàn】

中国,清朝時代の民間自警組織。アヘン戦争時の仏山団練局などがその例である。もともと団集練丁(壮丁を招集訓練する)の意で,唐以来地方部隊の呼称に用いられたが,清朝では郷村自衛の臨時組織とし有時の際にのみ結成を許可された。だが,嘉慶年間(1796‐1820)の白蓮教の乱においては,清朝正規軍の弱体を補うため,準正規軍(郷勇)として団練が傭兵化する例が生まれ,太平天国に際しては最初から団練とは別に湘軍,淮(わい)軍など郷勇が編成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だんれん【団練】

中国で、郷村の武装自衛集団。古くから存在したが、特に清代に盛行。団防。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

団練
だんれん

中国古来の官設民兵組織。名称の起源は古く唐代にさかのぼり、常備軍の補助として民間の自衛団を改編し、団結兵、団練兵とよんで地方長官の兼任する団練使に率いさせた。節度使(せつどし)の軍閥化とともに藩(はん)軍の構成要素とされた。元、明(みん)の末期にも内乱対策として地方官や有力地主に率いさせた郷村自衛団を団練とよんだが、とくに有名なのは清(しん)末の団練で、官兵たる八旗、緑営が弱体化したので、郷村の治安維持のため郷紳(きょうしん)地主を中心とする武装自衛団が盛んとなり、18世紀なかば以降白蓮(びゃくれん)教の反乱鎮圧に政府もこれを利用し、有力地主や地方官の統率下に壮丁を徴集訓練し、糧食を自備して地方防備にあたる団練制度が生まれた。19世紀なかば以降太平天国や捻(ねん)軍の反乱鎮圧に大いに活用され、官が武器、糧食を与え、越境出征させられる募兵と大差ないものとなった。曽国藩(そうこくはん)の湘(しょう)軍や李鴻章(りこうしょう)の淮(わい)軍も、湖南、安徽(あんき)の団練を改編したものであった。民国時代には地方軍閥の郷村支配に利用され、保衛団、保安団、民団などの名で反動派の手足とされた。[菊池英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の団練の言及

【アヘン戦争】より


[三元里の戦]
 5月末,イギリス軍は広州城北方の三元里で,付近一帯の郷村指導者によって組織された平英団に包囲され,大打撃を被った。その後広州近隣では,郷村教育機関であった社学を中心に,地主,郷紳が地方自衛組織としての団練を作り,それらはアヘン戦争を機に拡大する傾向を示した。後にイギリス軍の広州入城要求に対しても社学は反対し,大きな威圧を加えた。…

【曾国藩】より

…順調に正統出世コースを歩んだ曾国藩はやがて10年をこえる太平天国との対抗関係において歴史に名をとどめることになる。53年1月,服喪帰郷中のところを団練(郷土自衛団)組織を命じられた曾国藩は,旧来のそれを湘軍(義勇軍,湘は湖南省の雅名)に改組した。湘軍は兵士の給与もよく,儒教イデオロギーにもとづく郷党的団結を核に,従来の正規軍よりはるかに戦闘力があり,太平軍と戦って互いに勝敗があった。…

※「団練」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

団練の関連キーワードアヘン戦争北京条約阿片窟阿片戦争阿片中毒アヘン中毒アヘン・トコン散あへん法アヘン貿易第2次アヘン戦争

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone