コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深川湖十(初代) ふかがわ こじゅう

美術人名辞典の解説

深川湖十(初代)

江戸中期の俳人。江戸の人。本姓、森部氏、初め曾氏、のち深川氏。別号を巽山・老鼠・木者庵・謙道・露入道・天柱庵・亀休板等。初め鼠肝(上林峰順)門、のち宝井其角門。其角歿後、小川秋色を経て其角点印を伝受し、其角座を主宰した。元文3年(1738)歿、62才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深川湖十(初代) ふかがわ-こじゅう

1677-1738 江戸時代前期-中期の俳人。
延宝5年生まれ。はじめ鼠肝(そかん),のち榎本其角(きかく)にまなぶ。13年間京坂(けいはん)を漂泊。其角の没後,点印(てんいん)をうけついで其角座を主宰した。元文3年7月27日死去。62歳。江戸出身。本姓は森部。別号に木者庵,老鼠肝,其角堂など。編著に「二(ふたつ)のきれ」「誹太郎(はいたろう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

深川湖十(初代)の関連キーワード牧冬映(初代)穂積永機(1)三浦呉山(2)赤荻露牛村瀬湖十桜井吏登森部湖十深川秋色湖十

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android