コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深川湖十(初代) ふかがわ こじゅう

2件 の用語解説(深川湖十(初代)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

深川湖十(初代)

江戸中期の俳人。江戸の人。本姓、森部氏、初め曾氏、のち深川氏。別号を巽山・老鼠・木者庵・謙道・露入道・天柱庵・亀休板等。初め鼠肝(上林峰順)門、のち宝井其角門。其角歿後、小川秋色を経て其角点印を伝受し、其角座を主宰した。元文3年(1738)歿、62才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深川湖十(初代) ふかがわ-こじゅう

1677-1738 江戸時代前期-中期の俳人。
延宝5年生まれ。はじめ鼠肝(そかん),のち榎本其角(きかく)にまなぶ。13年間京坂(けいはん)を漂泊。其角の没後,点印(てんいん)をうけついで其角座を主宰した。元文3年7月27日死去。62歳。江戸出身。本姓は森部。別号に木者庵,老鼠肝,其角堂など。編著に「二(ふたつ)のきれ」「誹太郎(はいたろう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

深川湖十(初代)の関連キーワード常行飯田東渓斎部伊紀玄貞河野安山多湖岐陽太兵衛中村信斎山下煕庵吉田慎斎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone