コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深川湖十(初代) ふかがわ こじゅう

2件 の用語解説(深川湖十(初代)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

深川湖十(初代)

江戸中期の俳人。江戸の人。本姓、森部氏、初め曾氏、のち深川氏。別号を巽山・老鼠・木者庵・謙道・露入道・天柱庵・亀休板等。初め鼠肝(上林峰順)門、のち宝井其角門。其角歿後、小川秋色を経て其角点印を伝受し、其角座を主宰した。元文3年(1738)歿、62才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深川湖十(初代) ふかがわ-こじゅう

1677-1738 江戸時代前期-中期の俳人。
延宝5年生まれ。はじめ鼠肝(そかん),のち榎本其角(きかく)にまなぶ。13年間京坂(けいはん)を漂泊。其角の没後,点印(てんいん)をうけついで其角座を主宰した。元文3年7月27日死去。62歳。江戸出身。本姓は森部。別号に木者庵,老鼠肝,其角堂など。編著に「二(ふたつ)のきれ」「誹太郎(はいたろう)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone