コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深川飯 フカガワメシ

デジタル大辞泉の解説

ふかがわ‐めし〔ふかがは‐〕【深川飯】

アサリをネギなどと煮て、汁ごと飯にかけた丼物(どんぶりもの)。また、アサリのむき身を炊き込んだ飯。魚河岸が東京の深川にあったころ、屋台で供したという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかがわめし【深川飯】

アサリをネギなどと煮て汁とともに飯にかけた丼どんぶり物。また、アサリのむき身をたきこんだ飯。東京下町の庶民料理。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ふかがわめし【深川飯】


東京の郷土料理で、あさりのむき身をみそ仕立ての汁で煮て飯にかけたもの。または、あさりのむき身をしょうゆ味で下煮して、その煮汁で炊いた飯にあさりを混ぜ込んだもの。あさりを用いるようになったのは明治期以降で、江戸時代は主にばか貝を用いた。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深川飯
ふかがわめし

深川では江戸の昔バカガイが多くとれたので、それを混ぜご飯にして深川飯といっていた。明治・大正のころは、アサリを用いた飯を深川飯というようになり、一般にはあさり飯の別名が深川飯になっている。江戸時代にはバカガイをむき身にして売り歩く者が多く、江戸川柳(せんりゅう)に「深川で剥身(むきみ)にされる馬鹿野郎」とある。深川には私娼(ししょう)が多く、だまされて持ち金をみんなとられる者もいたので、それをバカガイのむき身を兼ねての洒落(しゃれ)である。バカガイのむき身はアオヤギともいうので、深川飯を青柳(あおやぎ)飯ともいった。なお、古くは深川飯はバカガイを煮たのを用いるものと、その貝柱を用いるもの、両者共用のものなどがあった。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の深川飯の言及

【アサリ(浅蜊)】より

…むき身は,湯に通してからネギ,ワカメなどと酢みそであえるぬたのほか,かき揚げ,つくだ煮,酒蒸し,チャウダーなどにする。むき身を飯に炊き込んだり,油揚げやネギと煮て飯の上へかけたりするのを深川飯と呼び,東京の下町で親しまれた食物であった。【福田 浩】。…

※「深川飯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

深川飯の関連キーワード多田鉄之助飯屋

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深川飯の関連情報