コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深川飯 フカガワメシ

4件 の用語解説(深川飯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふかがわ‐めし〔ふかがは‐〕【深川飯】

アサリをネギなどと煮て、汁ごと飯にかけた丼物(どんぶりもの)。また、アサリのむき身を炊き込んだ飯。魚河岸が東京の深川にあったころ、屋台で供したという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふかがわめし【深川飯】

アサリをネギなどと煮て汁とともに飯にかけた丼どんぶり物。また、アサリのむき身をたきこんだ飯。東京下町の庶民料理。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ふかがわめし【深川飯】


東京の郷土料理で、あさりのむき身をみそ仕立ての汁で煮て飯にかけたもの。または、あさりのむき身をしょうゆ味で下煮して、その煮汁で炊いた飯にあさりを混ぜ込んだもの。あさりを用いるようになったのは明治期以降で、江戸時代は主にばか貝を用いた。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深川飯
ふかがわめし

深川では江戸の昔バカガイが多くとれたので、それを混ぜご飯にして深川飯といっていた。明治・大正のころは、アサリを用いた飯を深川飯というようになり、一般にはあさり飯の別名が深川飯になっている。江戸時代にはバカガイをむき身にして売り歩く者が多く、江戸川柳(せんりゅう)に「深川で剥身(むきみ)にされる馬鹿野郎」とある。深川には私娼(ししょう)が多く、だまされて持ち金をみんなとられる者もいたので、それをバカガイのむき身を兼ねての洒落(しゃれ)である。バカガイのむき身はアオヤギともいうので、深川飯を青柳(あおやぎ)飯ともいった。なお、古くは深川飯はバカガイを煮たのを用いるものと、その貝柱を用いるもの、両者共用のものなどがあった。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の深川飯の言及

【アサリ(浅蜊)】より

…むき身は,湯に通してからネギ,ワカメなどと酢みそであえるぬたのほか,かき揚げ,つくだ煮,酒蒸し,チャウダーなどにする。むき身を飯に炊き込んだり,油揚げやネギと煮て飯の上へかけたりするのを深川飯と呼び,東京の下町で親しまれた食物であった。【福田 浩】。…

※「深川飯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

深川飯の関連キーワード豚骨芋串卯の花汁塩剥きじぶ煮じゃこ天剥き身抜身剥き身隈蕎麦米

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

深川飯の関連情報