コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加える クワエル

デジタル大辞泉の解説

くわ・える〔くはへる〕【加える】

[動ア下一][文]くは・ふ[ハ下二]
今まであるものに、さらに他のものを添えて合わせる。現在あるものの上に付け足す。また、そのようにして数量や度合いを増す。「だし汁を―・える」「規約に一項を―・える」「列車が速度を―・える」
同じことをする人の集まりに含める。仲間に入れる。「一行に―・える」「役員に―・える」
ある作用を他におよぼす。影響を与える。「危害を―・える」「一撃を―・える」「手心を―・える」「説明を―・える」
あるものを付ける。載せる。
「それに判を―・へよ」〈今昔・三一・二四〉
[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→加ゆ
[用法]くわえる・そえる――「もう一品加える(添える)」「言葉を加える(添える)」などでは相通じて用いる。◇「加える」はあるものに他のものを入れて一つにしたり、何らかの作用を他に与えたりすること。「2に3を加える」「仲間に加える」「攻撃を加える」などと用いる。◇「添える」はすでに満たされ、完成しているものに、さらに何かを付け加える意。「贈り物に手紙を添える」「舞台に花を添える」◇類似の語に「足す」がある。「足す」は、必要量が満たされるように足りないものを補い加える意。「煮物が焦げないように水を足す」などと用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くわえる【加える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 くは・ふ
すでにある物に、さらに足し合わせて、その数・量・程度を増す。足してふやす。 「三に二を-・えると五になる」 「スピードを-・える」 「大雨に-・えて風まで吹いてきた」 「政局はますます混迷の度を-・えた」
仲間にいれる。参加させる。 「メンバーに-・える」
ある作用を他に及ぼす。あたえる。 「人に危害を-・える」 「敵の陣地に攻撃を-・える」 「治療を-・える」 「神人等責められ佗びて判を-・へてけり/今昔 31」 〔「加わる」に対する他動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

加えるの関連キーワードクールカーボネーター継ぎ足し・継足し雪上霜を加える可罰的違法性保護コロイド鉄鎚を下す枠をはめる作を入れる箔を付ける交通規制火を通す波状攻撃白文訓点鉄拳制裁変性剤加熱器炭酸化加害者差し糠墓誌銘

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加えるの関連情報