コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加える クワエル

2件 の用語解説(加えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くわ・える〔くはへる〕【加える】

[動ア下一][文]くは・ふ[ハ下二]
今まであるものに、さらに他のものを添えて合わせる。現在あるものの上に付け足す。また、そのようにして数量や度合いを増す。「だし汁を―・える」「規約に一項を―・える」「列車が速度を―・える」
同じことをする人の集まりに含める。仲間に入れる。「一行に―・える」「役員に―・える」
ある作用を他におよぼす。影響を与える。「危害を―・える」「一撃を―・える」「手心を―・える」「説明を―・える」
あるものを付ける。載せる。
「それに判を―・へよ」〈今昔・三一・二四〉
[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→加ゆ
[用法]くわえる・そえる――「もう一品加える(添える)」「言葉を加える(添える)」などでは相通じて用いる。◇「加える」はあるものに他のものを入れて一つにしたり、何らかの作用を他に与えたりすること。「2に3を加える」「仲間に加える」「攻撃を加える」などと用いる。◇「添える」はすでに満たされ、完成しているものに、さらに何かを付け加える意。「贈り物に手紙を添える」「舞台に花を添える」◇類似の語に「足す」がある。「足す」は、必要量が満たされるように足りないものを補い加える意。「煮物が焦げないように水を足す」などと用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くわえる【加える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 くは・ふ
すでにある物に、さらに足し合わせて、その数・量・程度を増す。足してふやす。 「三に二を-・えると五になる」 「スピードを-・える」 「大雨に-・えて風まで吹いてきた」 「政局はますます混迷の度を-・えた」
仲間にいれる。参加させる。 「メンバーに-・える」
ある作用を他に及ぼす。あたえる。 「人に危害を-・える」 「敵の陣地に攻撃を-・える」 「治療を-・える」 「神人等責められ佗びて判を-・へてけり/今昔 31」 〔「加わる」に対する他動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加えるの関連キーワード着替える浚える復習える為終える供える出迎える称える書加える差加える付加える

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加えるの関連情報