コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元梅吉 キヨモトウメキチ

5件 の用語解説(清元梅吉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きよもと‐うめきち【清元梅吉】

清元節三味線方
(2世)[1854~1911]初世の門弟。江戸の生まれ。立(たて)三味線として活躍。「三千歳」「隅田川」などを作曲。
(3世)[1889~1966]2世の子。大正11年(1922)家元から分離、清元流(梅吉派)を創立。のち2世寿兵衛と改名。「津山の月」「お夏狂乱」などを作曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

清元梅吉【きよもとうめきち】

清元節三味線方の芸名。初世〔1841-1907〕は清元梅次郎の門弟。《宮比神楽(みやびかぐら)》などを作曲。2世〔1854-1911〕は初世の門弟。4世・5世延寿太夫の立三味線を務め,名人として知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きよもとうめきち【清元梅吉】

清元三味線方。3世以降は清元流の家元。(1)初世(1841‐1907∥天保12‐明治40) 本名藤間藤次郎。1884年梅吉から寿兵衛と改名。作曲作品に《宮比御神楽(みやびのみかぐら)》などがある。実子の藤次郎(1873‐1937)は清元太兵衛となり清水派を立てたが一代で終わった。(2)2世(1854‐1911∥安政1‐明治44) 本名松原清吉。初世の門弟。初名梅三郎。1884年梅吉をつぐ。妻は4世延寿太夫の娘。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きよもとうめきち【清元梅吉】

清元三味線方。
(二世)(1854~1911) 初世の門弟。四世・五世清元延寿太夫の立三味線を務めた名人。「雁金かりがね」「隅田川」などを作曲。
(三世)(1889~1966) 二世の子。五世清元延寿太夫の相方を務めたが、不仲となり、清元流(梅吉流)を創立し家元となる。のち二世寿兵衛と改名。「お夏狂乱」「津山の月」などを作曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清元梅吉
きよもとうめきち

清元節三味線方。3世以後は清元流家元名。

初世

(1841―1907)本名藤間藤次郎。銀座の清元梅次郎に入門、梅吉を名のる。のちに清元寿兵衛と改名、2世を門弟の梅三郎に譲り、芸界から引退した。ちなみに実子の藤吉は清元の三味線方となり、後年太兵衛を名のり、孫の吉太郎が長唄(ながうた)の杵屋(きねや)栄二となった。[林喜代弘・守谷幸則]

2世

(1854―1911)本名松原清吉。10歳のとき初世に入門、梅三郎を名のり、のちに2世を襲名した。演奏作曲にも優れ、4世、5世清元延寿太夫(えんじゅだゆう)の相三味線を勤め、『雁金(かりがね)』『三千歳(みちとせ)』『隅田川(すみだがわ)』などの代表作を残した。[林喜代弘・守谷幸則]

3世

(1889―1966)本名松原清一。2世が4世延寿太夫の長女はるをめとり、その実子として生まれた。1911年(明治44)3世を襲名し、5世延寿太夫の立(たて)三味線を勤めていたが、22年(大正11)決別して清元流を創設、家元となって喜久太夫、女婿梅寿太夫の相三味線として活躍した。50年(昭和25)芸術院会員となり、55年に2世寿兵衛を継承、翌年重要無形文化財保持者に認定され、62年文化功労者となった。[林喜代弘・守谷幸則]

4世

(1932― )本名松原清之介。3世の孫。1955年(昭和30)4世を襲名した。奏風楽という新ジャンルを提唱、この後継には清元紫葉がいる。3世より清元流家元として独立したが、清元協会創立に参加、大合同なったと思われたが、その後はまた独自の道を歩むことになった。別称梅派、また3世の住居であった地名をとって赤坂派ともいう。[林喜代弘・守谷幸則]
『町田佳聲・植田隆之助著『清元寿兵衛』(1967・邦楽と舞踊出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清元梅吉の関連キーワード清元栄寿郎清元清元梅吉(初代)清元梅吉(3代)清元梅吉(4代)清元栄三清元斎兵衛(2代)清元斎兵衛(3代)清元斎兵衛(4代)鳥羽屋里長(3代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone