コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清正誠忠録 きよまさせいちゅうろく

1件 の用語解説(清正誠忠録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きよまさせいちゅうろく【清正誠忠録】

歌舞伎狂言。3世河竹新七作。時代物。6幕。原名題は《実成龝清正伝記(みのりのあきせいしようでんき)》。加藤清正の毒饅頭(まんじゆう)の俗説を脚色したものであるため通称を《毒饅頭の清正》という。1875年10月東京新堀座(旧河原崎座)で初演。9世市川団十郎と8世岩井半四郎の出演が話題になった。このときは,江戸歌舞伎風に近江源氏の世界とし,加藤清正は佐藤正清,淀君は宇治の方といったが,94年3月に団十郎が明治座で再演した時,名題を《清正誠忠録》と改め,登場人物を実名にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清正誠忠録の関連キーワード籠釣瓶花街酔醒お祭佐七歌舞伎狂言河竹新七時代狂言実録忠臣蔵江戸育御祭佐七太鼓音智勇三略早苗鳥伊達聞書河竹新七(3代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone