コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清正誠忠録 きよまさせいちゅうろく

世界大百科事典 第2版の解説

きよまさせいちゅうろく【清正誠忠録】

歌舞伎狂言。3世河竹新七作。時代物。6幕。原名題は《実成龝清正伝記(みのりのあきせいしようでんき)》。加藤清正の毒饅頭(まんじゆう)の俗説を脚色したものであるため通称を《毒饅頭の清正》という。1875年10月東京新堀座(旧河原崎座)で初演。9世市川団十郎と8世岩井半四郎の出演が話題になった。このときは,江戸歌舞伎風に近江源氏の世界とし,加藤清正は佐藤正清,淀君は宇治の方といったが,94年3月に団十郎が明治座で再演した時,名題を《清正誠忠録》と改め,登場人物を実名にした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

清正誠忠録の関連キーワード松本 幸次郎歌舞伎狂言

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android