コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水喜助 しみずきすけ

3件 の用語解説(清水喜助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水喜助
しみずきすけ

[生]文化12(1815).富山
[没]1881.8.9. 東京
建設業者。現在の清水建設の祖。越中の井波に大工清八の息子として生れる。旧名藤沢清七。初代喜助の長女と結婚,2代目となる。数多くの擬洋風建築を手がけ,築地ホテル館 (1868) ,三井組ハウス (のちの第一国立銀行,72) ,為替バンク三井組 (74) ,深川の渋沢栄一邸 (77) などを完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しみずきすけ【清水喜助】

1815‐81(文化12‐明治14)
明治初頭の建築家。富山県東砺波郡井波町に生まれる。大工棟梁清水喜助(1783‐1859)の弟子となり,1839年(天保10)清水家に入婿,59年(安政6)2代目を名乗る。初代より出入りの井伊直弼の周旋で横浜に進出し,外国奉行所や異人牢などを建設する一方で西欧建築の様式を吸収し,明治維新みずから設計した三井組ハウス(1872),為替バンク三井組(1872)により,擬洋風建築と呼ばれる折衷様式の傑作を世に現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しみずきすけ【清水喜助】

1815~1881) (二代)大工棟梁・建築家。越中の人。初代についで、明治期の洋風建築を手がける。代表作に築地ホテル館・第一国立銀行・渋沢栄一邸などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の清水喜助の言及

【近代建築】より

…それらは大工棟梁や職人の活躍に負うもので,在来の構法を駆使しつつ洋風らしさを表現しようとした。築地ホテル館(1868,東京)や第一国立銀行(1872,東京)などを造った清水喜助はその代表的人物である。またそのような木造洋風建築は,学校,病院,役場などを対象として全国的に普及した。…

【建設業】より

… 明治になると,西洋建築や工場建築の需要に対応して,資本家化した町方棟梁を中心として建築業界は活況を呈した。江戸末期の横浜開港以来,外人居留地における外国商館建築ブームが起こり,大工棟梁から出た清水喜助(清水建設創業者),鹿島岩吉(鹿島建設創業者)等の建築業者がこれを施工している。同時期,土木業界は,1870年(明治3)に開始された新橋~横浜間の鉄道工事および引き続いての明治年間の主要鉄道網の建設とともに請負業として成長した。…

※「清水喜助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清水喜助の関連キーワード高瀬神社富山県南砺市井波井波〈町〉井口〈村〉富山県砺波市五谷庄川〈町〉城端〈町〉富山県砺波市高道富山県砺波市花園町松井角平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水喜助の関連情報