コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渉外訴訟 しょうがいそしょう

世界大百科事典 第2版の解説

しょうがいそしょう【渉外訴訟】

最も広義には一つでも渉外(国際)的要素を含む訴訟をいう。この意味での訴訟の渉外性は,たとえば原告・被告の一方または双方が外国人であったり,外国に住所を有していたりすることや,訴訟上争われる法律関係が,外国の社会と密接な関係を有することによってもたらされる。渉外訴訟といえば通常は国際的な民事訴訟をさし,そこでは一体どこの国の法律を適用すべきか(国際私法学が問題とする準拠法の選択)の点や外国でなされた判決の承認(外国判決)などが問題となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android