コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温泉余土 おんせんよど solfataric clay

3件 の用語解説(温泉余土の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温泉余土
おんせんよど
solfataric clay

温泉や噴気の熱によって周囲の岩石が分解,変質してできた粘土鉱物灰白色や青白色を呈する。熱海 (静岡県) ,箱根 (神奈川県) や長野県の諏訪など,温泉地に広く分布する。水を含むと膨張し,流動しやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おんせん‐よど〔ヲンセン‐〕【温泉余土】

火山地帯で、噴気孔や温泉湧出口付近の岩石が熱水の作用で変質してできた軟らかい粘土。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんせんよど【温泉余土】

温泉水や噴気孔のガスによって、岩石が変質してできた粘土。温泉粘土。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温泉余土の関連キーワード地帯アジノール岩組砕屑性岩メリカリア外変シンテクシス衝撃角礫岩タクタイト鳥地獄

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone