コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湧く/涌く ワク

デジタル大辞泉の解説

わ・く【湧く/×涌く】

[動カ五(四)]
水などが地中から噴き出る。「温泉が―・く」「石油が―・く」
涙や汗が出る。「くやし涙が―・く」
虫などが、一時に発生する。「しらみが―・く」
ある考えや感情が生じる。「疑問が―・く」「興味の―・かない話」「勇気が―・いてくる」
物事が次々と起こる。ある現象が急に多く現れる。「雲が―・く」「人々の間から拍手が―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

湧く/涌くの関連キーワード鹿児島県鹿児島郡三島村奥塩原オートキャンプ場長野県北安曇郡小谷村長野県下伊那郡大鹿村福島県東白川郡鮫川村三重県桑名郡木曽岬町島根県浜田市旭町木田長野県小県郡青木村北海道常呂郡置戸町千葉県長生郡白子町北海道河東郡士幌町静岡県駿東郡清水町北海道天塩郡遠別町福島県東白川郡塙町北海道夕張郡長沼町彦太郎・比古太郎スラナディ寺院もみじのしずくナイベツ川湧水松之山〈町〉

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android