生(ま)れる/産(ま)れる(読み)ウマレル

デジタル大辞泉の解説

うま・れる【生(ま)れる/産(ま)れる】

[動ラ下一][文]うま・る[ラ下二]
子が母親の胎内から出る。また、卵からかえる。出生する。誕生する。「子猫が四匹―・れる」「商家に―・れる」
新しく作り出されて、世に出る。物事が新たにできる。「最近―・れたばかりの制度」
ある状況・感情などが生じる。「次から次へと疑問が―・れる」
死後、この世に再び現れる。生まれ変わる。仏教思想に基づいていう語。
「あるいは聖徳太子の―・れ給へると申し」〈大鏡・道長上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android