発する(読み)ハッスル

デジタル大辞泉の解説

はっ・する【発する】

[動サ変][文]はっ・す[サ変]

㋐物事が起こる。生じる。また、始まる。「効力が―・する」「町の東端から山越えの街道が―・する」
㋑外に現れる。「酔いが―・する」
㋒出発する。「成田を―・してパリへ向かう」

㋐物事を起こす。生じさせる。「ささいな口論に端を―・した事件」「川がその源を―・する」
㋑気持ちや考えを外に現す。「怒りを―・する」「声明を―・する」
㋒出発させる。つかわす。「使いを―・して口上を述べさせる」
㋓打ち出す。勢いよく放つ。「矢を―・する」
㋔ひらく。あばく。
「凶年饑歳に倉庫を―・して流民を救うことは」〈田口日本開化小史

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっする【発する】

( 動サ変 ) [文] サ変 はつ・す
(自動詞)
その地を出る。出発する。 「列車が東京駅を-・する」
外へあらわれでる。 「熱が-・する」 「怒り心頭に-・する」 「積日の疲労つかれが-・して/多情多恨 紅葉」 「手前生国と-・しまするは…」
ある事を原因として起こる。 「親切心に-・した行為」
(他動詞)
起こす。はじめる。 「宇治川は琵琶湖に源を-・する」 「株の暴落に端を-・した大恐慌」
音・光・熱・匂いなどを外に向かって出す。はなつ。 「騒音を-・する」 「悪臭を-・する」 「空しく埋もれ、名を-・せず世を経る/五重塔 露伴
考え・命令などを明らかにする。また、言葉を口から出す。 「会議の間、一言も-・しなかった」 「警告を-・する」
矢・弾丸などを発射する。はなつ。
使者・便りなどをさし向ける。 「特使を-・する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発するの関連情報