コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発する ハッスル

2件 の用語解説(発するの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっ・する【発する】

[動サ変][文]はっ・す[サ変]

㋐物事が起こる。生じる。また、始まる。「効力が―・する」「町の東端から山越えの街道が―・する」
㋑外に現れる。「酔いが―・する」
㋒出発する。「成田を―・してパリへ向かう」

㋐物事を起こす。生じさせる。「ささいな口論に端を―・した事件」「川がその源を―・する」
㋑気持ちや考えを外に現す。「怒りを―・する」「声明を―・する」
㋒出発させる。つかわす。「使いを―・して口上を述べさせる」
㋓打ち出す。勢いよく放つ。「矢を―・する」
㋔ひらく。あばく。
「凶年饑歳に倉庫を―・して流民を救うことは」〈田口日本開化小史

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はっする【発する】

( 動サ変 ) [文] サ変 はつ・す
(自動詞)
その地を出る。出発する。 「列車が東京駅を-・する」
外へあらわれでる。 「熱が-・する」 「怒り心頭に-・する」 「積日の疲労つかれが-・して/多情多恨 紅葉」 「手前生国と-・しまするは…」
ある事を原因として起こる。 「親切心に-・した行為」
(他動詞)
起こす。はじめる。 「宇治川は琵琶湖に源を-・する」 「株の暴落に端を-・した大恐慌」
音・光・熱・匂いなどを外に向かって出す。はなつ。 「騒音を-・する」 「悪臭を-・する」 「空しく埋もれ、名を-・せず世を経る/五重塔 露伴
考え・命令などを明らかにする。また、言葉を口から出す。 「会議の間、一言も-・しなかった」 「警告を-・する」
矢・弾丸などを発射する。はなつ。
使者・便りなどをさし向ける。 「特使を-・する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発するの関連キーワード科する賀する姦する記する休する堕する博す比する賦する保する

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発するの関連情報