コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満濃 まんのう

2件 の用語解説(満濃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満濃
まんのう

香川県南西部,まんのう町中部の旧町域。讃岐山脈北斜面から丸亀平野南部に広がり,土器川中流域を占める。 1955年吉野村,神野村,四条村の3村が合体して町制。同年高篠村,1956年長炭村を編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

満濃
まんのう

香川県中南部、仲多度(なかたど)郡にあった旧町名(満濃町(ちょう))。現在はまんのう町の北西部を占める一地区。1955年(昭和30)四条(しじょう)、神野(かんの)、吉野(よしの)の3村が合併、町制施行して成立。同年高篠(たかしの)村、翌1956年長炭(ながすみ)村を編入。2006年(平成18)琴南(ことなみ)町、仲南(ちゅうなん)町と合併、まんのう町となる。旧町名は古代につくられた満濃池にちなむ。JR土讃(どさん)線、高松琴平(ことひら)電鉄琴平線、国道32号、438号が通じる。満濃池をはじめ多くの溜池(ためいけ)があり、農業は米作が中心であるが、タマネギ、ニンニク、ブロッコリーなどの野菜栽培や養鶏も行われる。南部の丘陵性山間地ではモモやカキの果樹栽培が進んでいる。施設園芸でのグリーンアスパラ、花卉(かき)などの栽培も行われている。[稲田道彦]
『『満濃町史』(1975・満濃町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

満濃の関連キーワード香川県仲多度郡まんのう町追上香川県仲多度郡まんのう町川東香川県仲多度郡まんのう町神野香川県仲多度郡まんのう町岸上香川県仲多度郡まんのう町五条香川県仲多度郡まんのう町中通香川県仲多度郡まんのう町真野満濃〈町〉香川県仲多度郡まんのう町山脇香川県仲多度郡まんのう町吉野

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

満濃の関連情報