コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満濃(読み)まんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満濃
まんのう

香川県南西部,まんのう町中部の旧町域。讃岐山脈北斜面から丸亀平野南部に広がり,土器川中流域を占める。 1955年吉野村,神野村,四条村の3村が合体して町制。同年高篠村,1956年長炭村を編入。 2006年琴南町,仲南町と合体して,まんのう町となる。地名の由来となった満濃池は南西部にあり,丸亀平野の水田を灌漑する。鷹丸山,扇山など標高 300m台の丘陵性の山地に囲まれ,南部は衝上断層を境として和泉層群の山地となる。洪積台地が広く,米,野菜,果樹を栽培。満濃池付近には国営讃岐まんのう公園が建設され,県立満濃池森林公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

満濃
まんのう

香川県中南部、仲多度(なかたど)郡にあった旧町名(満濃町(ちょう))。現在はまんのう町の北西部を占める一地区。1955年(昭和30)四条(しじょう)、神野(かんの)、吉野(よしの)の3村が合併、町制施行して成立。同年高篠(たかしの)村、翌1956年長炭(ながすみ)村を編入。2006年(平成18)琴南(ことなみ)町、仲南(ちゅうなん)町と合併、まんのう町となる。旧町名は古代につくられた満濃池にちなむ。JR土讃(どさん)線、高松琴平(ことひら)電鉄琴平線、国道32号、438号が通じる。満濃池をはじめ多くの溜池(ためいけ)があり、農業は米作が中心であるが、タマネギ、ニンニク、ブロッコリーなどの野菜栽培や養鶏も行われる。南部の丘陵性山間地ではモモやカキの果樹栽培が進んでいる。施設園芸でのグリーンアスパラ、花卉(かき)などの栽培も行われている。[稲田道彦]
『『満濃町史』(1975・満濃町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

満濃の関連情報