コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲南 ちゅうなん

2件 の用語解説(仲南の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仲南
ちゅうなん

香川県南西部,まんのう町西部の旧町域。讃岐山脈の北斜面にある。 1955年七箇村と十郷村が合体して仲南村となり,1970年町制。 2006年琴南町,満濃町と合体して,まんのう町となる。丘陵性山地が多くを占め,中央を流れる財田川により南北に二分される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仲南
ちゅうなん

香川県南西部、仲多度(なかたど)郡の山間にあった旧町名(仲南町(ちょう))。現在はまんのう町の南西部を占める一地区。1955年(昭和30)七箇(しちか)、十郷(そごう)の2村が合併して仲南村となり、1970年町制施行。2006年(平成18)琴南(ことなみ)町、満濃(まんのう)町と合併し、まんのう町となる。JR土讃(どさん)線、国道32号、377号が通じる。旧町域は財田(さいた)川の上流域で、南部は和泉(いずみ)砂岩層、北部は花崗(かこう)岩や礫(れき)層からなっている。農業が中心で、丘陵地のタケノコやミカン、茶が特産品である。これらを加工する農産加工工業が導入されている。近年は搾油(さくゆ)用ヒマワリやキクなどの花卉(かき)栽培が増えている。佐文(さぶみ)地区の雨乞(あまご)い祈願の綾子(あやこ)踊は国の重要無形民俗文化財。讃岐(さぬき)山脈尾根上の樫ノ休場(かしのやすみば)は阿波(あわ)(徳島県)越えの峠の一つで、杉の巨木がある。日本有数の溜池満濃池の谷が西部に入り込み、周囲は森林公園になっている。[稲田道彦]
『『仲南町誌』(1982・仲南町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仲南の関連情報