コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶成リン(燐)肥 ようせいりんぴ

百科事典マイペディアの解説

溶成リン(燐)肥【ようせいりんぴ】

リン酸肥料の一種。リン鉱石に蛇紋岩を加えて電気炉中で溶融し,それを水で急冷し,乾燥粉砕したもの。灰〜褐色の粉末で弱アルカリ性。水には不溶で,リン酸のほか石灰,苦土(酸化マグネシウム),ケイ酸などを含有する。おもに元肥(もとごえ)として施用し,水田や酸性土壌で効果が大きい。
→関連項目焼成リン(燐)肥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android