コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶成リン肥 ようせいりんぴfused phosphate fertilizer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶成リン肥
ようせいりんぴ
fused phosphate fertilizer

溶融方式でつくられるリン酸肥料の総称。リン酸アルカリ石灰とリン酸三石灰を含むものが日本ではつくられている。原料,製造法は多様であるが,たとえばリン鉱石芒硝にリン酸を加えて造粒したものをロータリーキルン中で水蒸気の存在下 1350℃に焼成し,冷却粉砕して製品とする。単肥として特に酸性土壌火山灰土壌,秋落水田,開拓地などに使われる。また尿素などほかの肥料と配合するとすぐれた複合肥料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溶成リン肥
ようせいりんぴ

リン鉱石に蛇紋岩(じゃもんがん)などの苦土含有物を混合したものを溶融し、これに高圧の冷水を接触させて急冷・水砕したもの。「熔成リン肥」とも表記する。原料の種類により、緑色、黒褐色、灰色を呈する。原料の一部にマンガン鉱またはホウ砂を加えたものはBM溶リンとよばれる。塩基性肥料で、17~25%のリン酸を含み、その大部分が水には溶けないがクエン酸には溶けるク溶性リン酸である。酸性土壌や老朽化水田にとくに適した肥料であり、火山灰土壌などでは土壌改良材としても使用されている。[小山雄生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

溶成リン肥の関連キーワードトーマスリン肥(トーマス燐肥)溶成リン肥(溶成燐肥)焼成リン(燐)肥リン(燐)酸肥料バラ(薔薇)焼成リン肥土壌改良耕土培養肥料工業化成肥料化学肥料

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android