コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶成リン肥 ようせいりんぴ fused phosphate fertilizer

2件 の用語解説(溶成リン肥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶成リン肥
ようせいりんぴ
fused phosphate fertilizer

溶融方式でつくられるリン酸肥料の総称。リン酸アルカリ石灰とリン酸三石灰を含むものが日本ではつくられている。原料,製造法は多様であるが,たとえばリン鉱石と芒硝にリン酸を加えて造粒したものをロータリーキルン中で水蒸気の存在下 1350℃に焼成し,冷却粉砕して製品とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溶成リン肥
ようせいりんぴ

リン鉱石に蛇紋岩(じゃもんがん)などの苦土含有物を混合したものを溶融し、これに高圧の冷水を接触させて急冷・水砕したもの。「熔成リン肥」とも表記する。原料の種類により、緑色、黒褐色、灰色を呈する。原料の一部にマンガン鉱またはホウ砂を加えたものはBM溶リンとよばれる。塩基性肥料で、17~25%のリン酸を含み、その大部分が水には溶けないがクエン酸には溶けるク溶性リン酸である。酸性土壌や老朽化水田にとくに適した肥料であり、火山灰土壌などでは土壌改良材としても使用されている。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溶成リン肥の関連キーワード複合肥料リン酸重過燐酸石灰燐鉱石燐酸肥料三大肥料溶成燐肥ケイ酸肥料(珪酸肥料)溶成リン肥(溶成燐肥)リン酸肥料(燐酸肥料)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone