コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滑る/辷る スベル

デジタル大辞泉の解説

すべ・る【滑る/×辷る】

[動ラ五(四)]
物の表面をなめらかに移動する。「スキーで急斜面を―・りおりる」「船が川面を―・るように下っていく」「戸がよく―・る」
表面がなめらかで地面に接するものが安定を失って自然に動いてしまう。スリップする。「凍結して路面が―・る」「足が―・る」「―・って転ぶ」
つかもうとした物が、支えられないで手をすり抜ける。「茶碗が―・って落ちる」
ある地位を保てなくなる。「委員長の座を―・る」
調子に乗ったまま、事が望ましくないところにまで至る。余計なことを言ったり書いたりしてしまう。「口が―・る」「筆が―・る」
試験に失敗する。落第する。不合格になる。「大学を―・る」
俗に、面白いことをしゃべろうとして失敗する。冗談・ギャグが受けない状態をいう。「話が―・る」
そっと位置を移動する。ひそかに退席する。
「嫻雅(しとや)かに座を―・った」〈魯庵社会百面相
(天皇の)位を譲る。退位する。
「位を―・らせ給ひて、新院とぞ申しける」〈平家・一〉
[補説]「辷」は国字。
[可能]すべれる

なめ・る【滑る】

[動ラ四]すべすべしている。ぬるぬるとすべる。ぬめる。
「わづかにかかる石の橋の、苔は―・りて足もたまらず」〈謡・石橋

ぬめ・る【滑る】

[動ラ五(四)]
ぬるぬるしてすべる。なめらかですべる。「ウナギが―・る」
浮かれ歩く。遊び歩く。
「夢の浮世を―・ろやれ」〈仮・恨の介・上〉
なまめく。粋なふうをする。めかす。
「歌草紙などに心を寄せ、ひとぬめり―・りたる手書き女房を」〈仮・可笑記・三〉
ぬらりくらりと言い逃れる。
「何と―・らん詞もなく、口をつむぎて居たりしが」〈浄・義経新含状〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なめる【滑る】

( 動四 )
ぬるりとすべる。なめらかである。 「苔は-・りて足もたまらず/謡曲・石橋」

ぬめる【滑る】

( 動五[四] )
ぬるぬるとしてすべる。 「苔が生えて-・る道」
うかれ歩く。のらりくらりと遊び歩く。 「さてもつれなの金銀さまや、きんざござらざ、-・りて暮らそ/松の葉」
なまめかしく振る舞う。めかす。 「小女房の、腰もしなへてやつくるり、くるりや〱やつくるりと-・らしやんすは/浄瑠璃・宵庚申

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

滑る/辷るの関連キーワードバックカントリー・スキーイングフリースケーティングStemm turnクリムキンイーグルローラースケートスケーティング横滑り・横辷りスライディングストライド走法オリストリス細糸滑り仮説ローンスキーラングラウフグラススキー竹に油を塗るサンドスキーグリッサンドスノーボードトロコイドWトラック

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android