滑川市(読み)なめりかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滑川〔市〕
なめりかわ

富山県中央北部,富山湾にのぞむ市。 1953年滑川町 (1889年町制) と浜加積 (はまかづみ) ,早月 (はやつき) 加積,北加積,東加積,中加積,西加積の6村が合体し,54年市制。古くは加積郷と呼ばれた。中心市街地は北陸道に沿う宿場町で,本陣がおかれた。工業は製薬のほか,カーバイド,カーボン,電機などの工場がある。低開発地域工業開発地区に指定され機械工業センターが立地。町域の大部分は早月川の形成する扇状地で,米作などの農業が盛ん。初夏には沖合いに蜃気楼が現れ,ホタルイカが群遊する。ホタルイカ群遊海面として,特別天然記念物に指定。湾岸部を JR北陸本線,国道8号線,南部を北陸自動車道が走りインターチェンジがある。面積 54.63km2。人口 3万2755(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滑川市の関連情報