コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上市 かみいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上市
かみいち

奈良県中部,吉野町の中心集落。旧町名。伊勢街道に沿って発達した古くからの市場町で,西の下市に対する。吉野川上流域を商圏とする商業地で,吉野杉の集散地。割箸を特産し,吉野山観光の拠点にもなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐し〔ジヤウ‐〕【上市】

[名](スル)新しい商品やサービスを市場に出すこと。市販すること。「5品目を上市する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみいち【上市】

富山県東部、中新川郡の町。市場町として発達。製薬業が盛ん。立山りゆうせん寺・日石につせき寺などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上市
かみいち

奈良県中部、吉野郡吉野町の一地区。旧上市町。吉野川北岸の段丘上を通る伊勢(いせ)街道沿いに発達した市場集落で、下流の下市(しもいち)町に対する。国道169号が通じ、近畿日本鉄道吉野線の大和(やまと)上市駅がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上市の言及

【水戸[市]】より

…市域の大半は常陸台地と那珂川沖積地に広がる。主要市街地は,那珂川と千波(せんば)湖にはさまれた台地上の上市(うわいち)と那珂川の沖積低地上の下市(しもいち)とからなる。12世紀末,大掾資幹(だいじようすけもと)が館を置き,佐竹氏の支配を経て近世に水戸藩の城下町となってから大きく発展した。…

※「上市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上市の関連情報