コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃紅銀鉱 のうこうぎんこう pyrargyrite

2件 の用語解説(濃紅銀鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濃紅銀鉱
のうこうぎんこう
pyrargyrite

三方晶系の鉱物。 Ag3SbS3 。硬度 2.5,比重 5.85。暗赤色,金剛光沢,半透明。六角柱状結晶,劈開 が明瞭。条痕は紫紅。淡紅銀鉱とともにルビーシルバー呼ばれる。輝銀鉱などと共生して各種熱水鉱床に産出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濃紅銀鉱
のうこうぎんこう
pyrargyrite

銀の硫塩鉱物中もっとも普通の種で、重要な鉱石鉱物の一つ。自形は六角柱状、鉱脈の空隙(くうげき)にみられるが、多く他の硫化物や脈石鉱物と密雑な集合をつくる。針銀鉱や黄銅鉱とは直接共存しない。日本のおもな産地は、かつては秋田県雄勝(おがち)町(現、湯沢市)院内鉱山、兵庫県朝来(あさご)町(現、朝来市)大乗(だいじょう)鉱山などで良晶を産したが、いまでは鹿児島県串木野(くしきの)鉱山などで小結晶がみられる程度である。火閃(かせん)銀鉱pyrostilpniteとは同質異像関係にあり、その高温相に相当する。転移温度約200℃。英名はギリシア語の「輝く」と「銀」を意味する語の合成語である。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の濃紅銀鉱の言及

【銀鉱物】より

…銀を数%以上含む鉱物は約60種知られている。重要な銀鉱物としては,自然銀native silver Ag,輝銀鉱argentite Ag2S,角銀鉱cerargyrite AgCl,ナウマン鉱naumannite Ag2Se,安銀鉱dyscrasite Ag3Sb,ジャルパ鉱jalpaite Ag3CuS2,硫ゲルマン銀鉱argyrodite Ag8GeS6,硫シャク(錫)銀鉱canfieldite(別名,カンフィールド鉱) Ag8SnS6,ゼイ(脆)銀鉱stephanite(別名,ゼイ安銀鉱) Ag5SbS4,濃紅銀鉱pyrargyrite Ag3SbS3,淡紅銀鉱proustite Ag3AsS3,雑銀鉱polybasite(別名,輝安銅銀鉱) (Ag,Cu)16Sb2S11,ヒ(砒)雑銀鉱arsenpolybasite (Ag,Cu)16As2S11,ヘッス鉱hessite(別名,ヘッサイト,テルル銀鉱)Ag2Teなどがある。このほか四面銅鉱や方鉛鉱には銀を含むものがあり,鉱床内に多産する場合にはシルバーキャリアとして重要視される。…

※「濃紅銀鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

濃紅銀鉱の関連キーワード三方晶系硝石針鉄鉱正方晶系単軸結晶立方晶系仮像二酸化チタン炭化タングステンラヴェス相

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone