コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬長亀次郎 せながかめじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬長亀次郎
せながかめじろう

[生]1907.6.10. 沖縄
[没]2001.10.5. 沖縄
政治家。一貫した大衆左翼運動家。第2次世界大戦後 1947年沖縄人民党を結成し書記長となった。 1952年初の琉球立法院選挙で当選,米軍宣誓を拒否。弾圧され入獄。 1956年那覇市長に当選したが,1年後追放される。こうした闘争歴で,沖縄の抵抗運動の偶像的存在となった。 1969年復帰運動と平和に貢献したとしてジョリオ=キュリー平和賞を受ける。 1970年初の国政参加選挙で衆議院議員に当選,1972年沖縄人民党は日本共産党に合流し,瀬長は党中央の副委員長に就任した。 1990年衆議院議員退任。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

瀬長亀次郎【せながかめじろう】

政治家。沖縄県出身。1923年社会科学研究会での活動を理由に第七高等学校放校処分。1947年沖縄人民党結成,米占領政策への徹底した批判を展開した。1952年琉球政府立法院議員となるが,1954年人民党への弾圧を強化した米軍に逮捕され,2年間投獄。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬長亀次郎 せなが-かめじろう

1907-2001 昭和後期-平成時代の政治家。
明治40年6月10日生まれ。昭和7年治安維持法違反で入獄。22年沖縄人民党を結成し,書記長として本土復帰運動を主導する。27年立法院選挙に最高得票で当選。31年那覇市長に当選したが,翌年米軍により追放される。45年衆議院議員(当選7回)。48年共産党に合流し,党副委員長。平成2年引退。平成13年10月5日死去。94歳。沖縄県出身。第七高等学校中退。著作に「沖縄からの報告」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せながかめじろう【瀬長亀次郎】

1907(明治40)‐2001
沖縄の社会運動家,政治家。沖縄県出身。父親はハワイへ出稼ぎに行っていた。七高(現,鹿児島大学)に進み,社会科学研究会に入るが,2年で放校になる。以後,横浜,川崎などの職場を転々とし,労働争議に参加して治安維持法違反で懲役3年の刑を受け,1935年に出獄する。その後,中国で軍務に服し,軍隊内で反戦活動を行う。40年除隊し,《毎日新聞》沖縄支局記者,46年《うるま新報》社長となる。47年沖縄人民党を結成し,書記長となり,52年琉球立法院に当選,就任式では1人アメリカへの宣誓を拒否した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬長亀次郎
せながかめじろう
(1907―2001)

沖縄の運動家、政治家。沖縄県豊見城(とみぐすく)村(現豊見城市)に生まれる。順天中学を経て第七高等学校に入学したが、社会科学研究会などに参加し、放校となる。治安維持法違反で投獄される。のち中国で軍務に服するが、軍隊内でも反戦活動を行う。第二次世界大戦後、1947年(昭和22)沖縄人民党を結成、書記長となり、沖縄の本土復帰運動の第一線にたつ。1952年3月、第1回琉球(りゅうきゅう)立法院選挙当選後の就任式でアメリカへの宣誓を拒否。1954年10月には共産主義者隠匿の罪で検挙、投獄(懲役2年)された。1956年12月那覇市長に当選するが翌年に追放されるなど、アメリカの弾圧を受けた。1969年ジョリオ・キュリー平和賞受賞。1970年11月衆議院議員当選。「亀さん」の愛称で親しまれる。沖縄本土復帰後の1973年、人民党と日本共産党の合流と同時に初代県委員長・党中央副委員長となる。その後、同党国会議員団総会長などを務める。1990年(平成2)に政界を引退。著書に『沖縄人民党』などがある。[小田部雄次]
『『沖縄人民党』(1970・新日本出版社) ▽『瀬長亀次郎回想録』(1991・新日本出版社) ▽琉球新報社編『不屈――瀬長亀次郎日記』(2007~ ・琉球新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

瀬長亀次郎の関連キーワード人民党(沖縄)平良 辰雄

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬長亀次郎の関連情報