コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灘崎[町](読み)なださき

百科事典マイペディアの解説

灘崎[町]【なださき】

岡山県南部,岡山平野南部にある児島郡の旧町。宇野線瀬戸大橋線が通じ,駅前集落迫川(はざかわ),彦崎が発達。干拓地域は大規模な機械化米作地域で,野菜,キノコ,果樹も産する。近年,宅地開発が進んでいる。2005年3月御津郡御津町と岡山市へ編入。30.86km2。1万6240人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なださき【灘崎[町]】

岡山県南部,児島郡の町。人口1万5315(1995)。岡山,倉敷,玉野の3市に囲まれた児島湖西岸の町で,町域は児島山塊の北斜面と岡山平野南端に当たる干拓地からなる。かつては山すそを海岸線として児島湾に臨んだ漁村であったが,明治中期以降の藤田組による干拓やそれを引き継いだ第2次大戦後の農林省直営の干拓事業によって県下有数の農業地帯となり,米,ビール麦,施設園芸(促成ナス)の生産を中心に大規模な機械化農業が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる