コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灘崎 なださき

3件 の用語解説(灘崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灘崎
なださき

岡山県南部,岡山市南部の旧町域。児島半島の東側基部にあり,児島湖に面する。 1949年町制。 1959年郷内村の一部を編入。 2005年岡山市に編入。西部の彦崎はかつて倉敷川の河港,中部の迫川 (はざかわ) は由加山への参拝口であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なださき【灘崎】

岡山県南部、岡山市の地名。児島半島の北斜面と児島湾干拓地からなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灘崎
なださき

岡山県南部、児島(こじま)郡にあった旧町名(灘崎町(ちょう))。現在は岡山市南区の南部を占める地域。旧灘崎町は、1906年(明治39)彦島(ひこしま)、灘の2村が合併して灘崎村となり、1949年(昭和24)町制施行。2005年(平成17)岡山市に編入、この編入によって児島郡は消滅した。JR宇野線、瀬戸大橋線、国道30号が通じる。地域南部は児島半島の丘陵地、北部は児島湾干拓地で、干拓地は19世紀前半の小規模な新田、藤田組高崎農区(1905年完成)、農林省七区干拓地(1963年完成)北半部からなる。近世以来機業が盛んで、昭和になっては学生服を生産したが、現在は衰え、干拓地の農業が中心である。国道沿線はベッドタウン化しつつある。中心地区は彦崎と迫川(はざがわ)で、彦崎はかつて倉敷の外港、また街村として栄えた。[由比浜省吾]
『『灘崎町史』(1982・灘崎町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灘崎の関連キーワード児島湖玉野岡山県岡山市南区青江岡山県岡山市南区岡山県岡山市南区阿津岡山県岡山市南区郡岡山県岡山市南区中畦灘崎〈町〉岡山県岡山市南区福田岡山県岡山市南区山田

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灘崎の関連情報