灘崎(読み)なださき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灘崎
なださき

岡山県南部,岡山市南部の旧町域。児島半島の東側基部にあり,児島湖に面する。 1949年町制。 1959年郷内村の一部を編入。 2005年岡山市に編入。西部の彦崎はかつて倉敷川の河港,中部の迫川 (はざかわ) は由加山への参拝口であった。幕末より干拓が進展,藤田伝三郎が手がけた藤田干拓の高崎地区,および第2次世界大戦後の干拓地,七区の北半が町域に編入され,日本の代表的な機械化農村の一部を構成することとなった。米,ビール麦のほかナスなどの野菜栽培が行なわれ,学生服などを生産する中小工場も立地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なださき【灘崎】

岡山県南部、岡山市の地名。児島半島の北斜面と児島湾干拓地からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灘崎
なださき

岡山県南部、児島(こじま)郡にあった旧町名(灘崎町(ちょう))。現在は岡山市南区の南部を占める地域。旧灘崎町は、1906年(明治39)彦島(ひこしま)、灘の2村が合併して灘崎村となり、1949年(昭和24)町制施行。2005年(平成17)岡山市に編入、この編入によって児島郡は消滅した。JR宇野線、瀬戸大橋線、国道30号が通じる。地域南部は児島半島の丘陵地、北部は児島湾干拓地で、干拓地は19世紀前半の小規模な新田、藤田組高崎農区(1905年完成)、農林省七区干拓地(1963年完成)北半部からなる。近世以来機業が盛んで、昭和になっては学生服を生産したが、現在は衰え、干拓地の農業が中心である。国道沿線はベッドタウン化しつつある。中心地区は彦崎と迫川(はざがわ)で、彦崎はかつて倉敷の外港、また街村として栄えた。[由比浜省吾]
『『灘崎町史』(1982・灘崎町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灘崎の関連情報