コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火ノ山 ひノやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火ノ山
ひノやま

山口県南西端,関門海峡にのぞむ山。標高 268m。下関市の中心市街地と長府の間にあり,要塞地帯として古くから利用され,第2次世界大戦後,火の山公園として開放された。烽火場が山名となる。南麓関門橋がかかり,山頂からの夜景が美しい。火の山パークウェーが通じ,瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

火ノ山の関連キーワード早鞆瀬戸瀬戸内海壇ノ浦国分寺