灯船(読み)トウセン

デジタル大辞泉の解説

とう‐せん【灯船】

灯標を出す設備を備えた船。灯台設置の困難な海上・河口などに停泊して灯台の機能を果たす。灯台船。灯明船。
集魚灯を装備した船。網船などと船団を構成し、魚を集める役目を担う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

灯船【とうせん】

航路標識の一種。港の入口など航海上重要な地点や,灯標などを設置しがたい所などに,小型船を係留定置して灯火を掲げるもの。一般に監守者を配して,港への出入信号なども行うものが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灯船
とうせん
lightship

陸地から離れた海洋中または航路上の重要な位置にある浅瀬などを示すため、マスト上に灯器を掲げ定置して灯台のかわりをさせる船。夜間は灯光、昼間は赤い船体に大きく書かれた白い灯船名と白色の上部構造物で、容易に他船と区別できるようになっている。数名の看守者が常時、交替で維持・管理にあたっているので、必要に応じて霧信号を行ったり、夜間はマストの前方支持索に灯火を掲げて、船首尾方向から流向、風向がわかるなど航行援助施設としての価値は高い。
 外国では、ドーバー海峡などの主要点、河川港の入口などに多く用いられている。日本では、東京港の入口にただ一つあった「東京灯船」が、1968年(昭和43)に「東京灯標」に改められて、なくなった。[川本文彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の灯船の言及

【航路標識】より


[航路標識の種類]
 (1)夜標 灯火によってその位置を示し,特定の灯光信号を発して,主として夜間航行の目標とするが,昼間の目標としても十分効力のある構造と彩色を備えている。夜標の種類としては,遠距離からの目標あるいは港湾および沿岸航路の標識となる灯台,暗礁や浅瀬上に設置し,乗揚げを予防する灯標,暗礁や浅瀬を示し乗揚げを予防し安全な航路を表示するブイ形式の灯浮標,沖合または航路上重要な位置に定置する灯船,航行困難な狭水道や狭い湾口,港口などの航路線を2個以上の標識で示す導灯,狭水路などを安全航行できるように可航水路を白光で,その外側危険水域を緑光および紅光で示す指向灯,険礁,防波堤先端などの危険物付近海面を照射する照射灯などがある。航路標識の灯火は一般の灯火と識別しやすいように,また付近にある他の航路標識との誤認を避けるために特定の灯火の色と発射状態(灯質)を決めている。…

※「灯船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android