コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭疽(脾脱疽) たんそひだっそ Anthrax

翻訳|Anthrax

1件 の用語解説(炭疽(脾脱疽)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たんそひだっそ【炭疽(脾脱疽) Anthrax】

[どんな病気か]
 炭疽菌という細菌の感染によっておこる病気で、本来は、ウマ、ウシ、ヤギ、ブタなどの病気ですが、人獣共通の伝染病で、人間にも感染し重い病気をおこします。
 致命率が高いので、感染症予防法で4類感染症に指定されていますが、日本での発生は、年間数名~20名程度です。畜産のさかんな南欧、オーストラリア南北アメリカアフリカなどの温暖な国々には多い病気です。
 炭疽にかかったウマ、ウシ、ヤギ、ブタ、ヒツジなどから直接、感染したり、これらの動物の毛や皮革を扱う際に感染したりしますが、ときに肉を食べて感染することもあります。
[症状]
 感染経路によって、3つの病型になります。
①顔、くび、手などの小さな傷から菌が侵入すると、そこが潰瘍(かいよう)になり、高熱の出る皮膚炭疽になります。
②空気とともに菌を吸入した場合は、高熱、せき、膿(うみ)や血のまじったたんが出て呼吸困難になる肺炭疽になります。
③食物とともに菌が口から入ると、高熱、嘔吐(おうと)、腹痛、膿や血のまじった下痢(げり)などがおこる腸炭疽になります。
[治療]
 ペニシリンテトラサイクリンなどの抗生物質が有効で、手おくれにならなければ治ります。
 炭疽にかかった家畜は殺して焼却し、汚染物は焼却するか厳重に消毒します。原因不明の病気にかかった家畜の肉は食べるのをやめます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

炭疽(脾脱疽)の関連キーワード細菌性赤痢在郷軍人病炭疽(たんそ)菌炭疽菌何心地病は気からメタン菌好熱菌好気生物硫酸還元菌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone