毒重石(読み)どくじゅうせき(英語表記)witherite

日本大百科全書(ニッポニカ)「毒重石」の解説

毒重石
どくじゅうせき
witherite

無水炭酸塩鉱物の一つ。あられ石と同構造の鉱物で、あられ石のバリウム置換体。低温熱水鉱脈中に産し、中性ないしアルカリ性の条件下での産物。自形は双晶によって六角両錐(りょうすい)状、錐面の発達した六角柱状などになる。紫外線、電子線、X線などの照射で青白く蛍光する。方解石、蛍石(ほたるいし)などとともに産する。日本においては、かつて秋田県八森(はちもり)町(現、八峰(はっぽう)町)発盛(はっせい)鉱山(旧、椿(つばき)鉱山。閉山)の鉱脈の脈石鉱物として産したのが唯一の例であるが、現在では産出していない。英名は、この鉱物の発見者であるイギリスの鉱物学者ウィリアム・ウィザリングWilliam Withering(1741―1799)にちなむ。和名はその成分に毒があることによる。

[加藤 昭 2018年5月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「毒重石」の解説

毒重石
どくじゅうせき
witherite

BaCO3バリウムの主要鉱石鉱物。斜方晶系。硬度3~3.5,比重 4.3。ガラス光沢無色か各種の淡色を帯びる。X線などでケイ光リン光を発する。低温熱水性の鉱脈として重晶石などとともに産する。英名はイギリスの物理・鉱物学者 W.ウィザリングにちなみ命名

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「毒重石」の解説

どく‐じゅうせき ‥ヂュウセキ【毒重石】

〘名〙 バリウムの炭酸塩鉱物。斜方晶系。比重四・三。柱状、板状などの結晶として産する。塩酸溶液は有毒。毒重土石。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android