コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒重石 どくじゅうせき witherite

4件 の用語解説(毒重石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毒重石
どくじゅうせき
witherite

BaCO3バリウムの主要鉱石鉱物斜方晶系。硬度3~3.5,比重 4.3。ガラス光沢,無色か各種の淡色を帯びる。X線などでケイ光,リン光を発する。低温熱水性の鉱脈として重晶石などとともに産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どく‐じゅうせき〔‐ヂユウセキ〕【毒重石】

炭酸バリウムからなる鉱物。無色または白・灰色でガラス光沢を示す。紫外線などで蛍光燐光(りんこう)を発する。斜方晶系毒重土石

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どくじゅうせき【毒重石】

バリウムの炭酸塩鉱物。斜方晶系。白色・灰色または黄色で、ガラス状光沢がある。毒重土石。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒重石
どくじゅうせき
witherite

あられ石と同構造の鉱物で、あられ石のバリウム置換体。低温熱水鉱脈中に産し、中性ないしアルカリ性の条件下での産物。自形は双晶によって六角両錐(りょうすい)状、錐面の発達した六角柱状などになる。方解石、蛍石などと産する。日本においては、かつて秋田県八森(はちもり)町(現、八峰(はっぽう)町)発盛(はっせい)鉱山(旧・椿(つばき)鉱山)の鉱脈の脈石鉱物として産したのが唯一の例であるが、現在では産出していない。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毒重石の関連キーワード酸化バリウム炭酸バリウム緑柱石加里鉱石鉱物カリウムアルゴン法モナザイトカリウム四〇ガルバリウム鋼板バリウム鉱物

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone