コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鉛鉱 はくえんこうcerussite

翻訳|cerussite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白鉛鉱
はくえんこう
cerussite

鉛の鉱石鉱物。 PbCO3斜方晶系。比重 6.55,硬度3~3.5。ガラス光沢,無色透明,白色,灰色など。X線,紫外線の照射によりケイ光を発する。柱状結晶のほか,鍾乳石状,土状,粒状の集合塊として,を含む鉱床の地表付近における上部酸化帯中に2次鉱物として産出する。ラテン語の白鉛 cerussaから命名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はくえんこう【白鉛鉱】

炭酸鉛からなる鉱物。斜方晶系に属し、白色・灰色・帯緑色などでダイヤモンド光沢がある。鉛鉱床の酸化帯から産出する。鉛の鉱石鉱物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白鉛鉱
はくえんこう
cerussite

鉛の炭酸塩鉱物の一つで、もっとも普通の鉛の二次鉱物。中性ないしややアルカリ性の条件で、方鉛鉱など鉛硫化鉱物の酸化分解によって生成される。自形は変化に富み、板状、柱状あるいは針状をなし、しばしば三連双晶(3個の個体が同じ関係で連なった双晶)をなす。秋田県協和町(現、大仙(だいせん)市協和)亀山盛(きさもり)鉱山、埼玉県秩父(ちちぶ)鉱山をはじめ産出例は多い。英名は、ラテン語で人工の炭酸鉛のことをさすセルッサcerussaに由来する。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白鉛鉱の関連キーワード白鉛鉱(データノート)スコットランド石ダイヤモンド光沢デクロワゾー石亜鉛くじゃく石ボークラン石ビューダン石モットラム石ベイルドン石ボレオ石洋紅石炭酸鉛鉛鉱床帯緑色鉛鉱物異極鉱鉛白鉱山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android