点ずる(読み)テンズル

デジタル大辞泉の解説

てん・ずる【点ずる】

[動サ変][文]てん・ず[サ変]
筆の先などで点をつける。「詩句のかたわらに―・ずる」
火をつける。あかりをともす。
「居間へ戻って灯火を―・じ」〈二葉亭浮雲
しずくをたらす。「目薬を―・ずる」
書き入れる。さす。「朱を―・じた唇」
漢文に訓点をつける。「送り仮名を―・ずる」
茶をたてる。「茶を一服―・ずる」
時や場所などをそれと定める。指定する。
「木幡といふ所は…その大臣の―・じ置かせ給へりし所なり」〈栄花・疑ひ〉
選定する。点検する。
「近日宇多津に於て兵船を―・じ、備前の児嶋に上って」〈太平記・一四〉
削り減らす。没収する。
「いやみ思ひて、領(し)らん所共―・ぜよ」〈宇治拾遺・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんずる【点ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 てん・ず
筆の先などでちょんとしるしを付ける。また、点を打って連ねる。 「紅を-・ずる」 「必要な言葉丈を-・じては逃げた/それから 漱石
あかりをつける。火をともす。 「火を-・ずる」
しずくなどをたらす。したたらす。 「目薬を-・ずる」
漢文に訓点をつける。 「経文に朱で-・ずる」
茶をたてる。 「茶を-・ずる」
時・所などを指定する。選定する。 「諸陵の所を-・じて/今昔 24
書き入れる。つける。さす。 「唇に朱を-・ずる」
多くの中から選び定める。 「大和国と名づけるうねびの山を-・じて帝都をたて/平家 5
調べる。点検する。 「近日宇多津において兵船を-・じ/太平記 14
けずる。没収する。 「知らん所ども-・ぜよ/宇治拾遺 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android