コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点訳 テンヤク

デジタル大辞泉の解説

てん‐やく【点訳】

[名](スル)普通の文字や文章を点字に直すこと。点字訳。「ボランティアで点訳する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんやく【点訳】

( 名 ) スル
普通の文字を点字に直すこと。点字訳。 「辞書を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

点訳
てんやく

普通の文字を点字すこと。点字訳ともよぶ。点訳を行う人は点訳者とよばれる。
 以前は点字の点を一つずつ紙に打ち込んでいたが、21世紀に入るとパソコンを使用しての点訳が主流となった。具体的には、点字1字分の6点をパソコンの六つのキーに割り当てて直接入力し、必要に応じて校正や読み合わせなどをした後、点字プリンターで出力する。アルファベット中心の言語表記を使う欧米においては、自動点訳が実用化されている。日本では漢字の読み方を自動処理することがむずかしく、確認や修正に労力が必要となるため、パソコンを使用する点訳であっても直接入力によるものが多い。
 パソコン点訳は、1988年(昭和63)に日本アイ・ビー・エム社による社会貢献事業の一つとして始まった。その後、厚生労働省と日本点字図書館などが中心となり、インターネット経由で点字図書や録音図書のデータの登録、配信が可能な情報システムの整備を進めている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の点訳の言及

【点字図書館】より

…現在日本には大小約90の点字図書館(公立約70)があるが,そのうち最も規模の大きい東京の日本点字図書館は1940年全盲の本間一夫が自己の蔵書を元に創立した民間の社会福祉施設であり,点字図書5万9000冊,2万4900点,録音図書42万8000巻,1万1710点(1997現在)を所蔵している。一般図書館が購入図書の館内閲覧を主業務とするのに対し,おもな点字図書館は点字出版所を兼ねるとともに,点訳・朗読奉仕者を養成して点字・録音図書を作製し,読者への館外郵送貸出しを行う。近年は録音図書利用の伸びがめざましく,日本点字図書館の1996年度年間貸出数は点字4万冊に対し,録音図書30万5700巻に達している。…

※「点訳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

点訳の関連キーワード障害者サービス音訳サービスボランティア点訳サービス平井正(1)本間 一夫鈴木 邦治榊原 達夫鈴木邦治本間一夫中村 裕辞書

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点訳の関連情報