コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無症候性たんぱく尿/血尿症候群 むしょうこうせいたんぱくにょうけつにょうしょうこうぐん Asymptomatic Proteinuria and Hematuria Syndrome

1件 の用語解説(無症候性たんぱく尿/血尿症候群の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

むしょうこうせいたんぱくにょうけつにょうしょうこうぐん【無症候性たんぱく尿/血尿症候群 Asymptomatic Proteinuria and Hematuria Syndrome】

[どんな病気か]
 以前は慢性腎炎(まんせいじんえん)といわれた病気のうち、持続的に(1年以上)、たんぱく尿または血尿、あるいはその両方がみられるにもかかわらず、はっきりした症状がなく、腎臓(じんぞう)のはたらきも変わらない潜在型の慢性腎炎を、無症候性たんぱく尿・血尿症候群と呼ぶようになりました。
 慢性腎炎の一部の患者さんは、徐々にむくみや高血圧が現われ、腎臓のはたらきが悪くなっていきます(進行型の慢性腎炎)。
 このような、以前は進行型の慢性糸球体腎炎(まんせいしきゅうたいじんえん)といっていた病気は、現在は慢性腎炎症候群(「慢性腎炎症候群」)と呼びます。
 そして、慢性腎炎の大部分を占める潜在型慢性腎炎といわれた病気にあたるものが、無症候性たんぱく尿・血尿症候群ということになります。
 慢性腎炎症候群と無症候性たんぱく尿・血尿症候群は、発病してしばらくは区別がむずかしいことが多く、最終的には、慢性腎炎症候群になる場合でも、しばらくは軽度のたんぱく尿と血尿がみられるだけです。
 この2種類の病気にちがいが出てくるのは、発病から5~10年ほどしてからだといわれています。
 無症候性たんぱく尿・血尿症候群では、たんぱく尿や血尿が発見されてから10年以上たっても、病状は安定していて、むくみや高血圧などの症状はみられず、腎臓のはたらきも変わりありません。
[原因]
 無症候性たんぱく尿・血尿症候群の原因は、基本的には慢性腎炎症候群の原因とちがいがありません(コラム慢性腎炎症候群/無症候性たんぱく尿/血尿症候群の原因となる病気」)。
 同じ種類の糸球体の病気なのに、無症候性たんぱく尿・血尿症候群として腎臓のはたらきが安定しているものもあれば、経過とともに高血圧や腎臓の機能の低下が現われるものもある、というわけです。
 糸球体そのものの病変が原因である(原発性(げんぱつせい)の)無症候性たんぱく尿・血尿症候群と慢性腎炎症候群、この両者の原因を、発病の多さの順にならべると、①IgA腎症(アイジーエーじんしょう)(「IgA腎症」)、②IgA腎症以外のメサンギウム増殖性糸球体腎炎(ぞうしょくせいしきゅうたいじんえん)、③膜性腎症(まくせいじんしょう)(「膜性腎症」)、④巣状糸球体硬化症(そうじょうしきゅうたいこうかしょう)(「巣状糸球体硬化症」)、⑤膜性増殖性糸球体腎炎(まくせいぞうしょくせいしきゅうたいじんえん)(「膜性増殖性糸球体腎炎」)、となります。
 糸球体の病変をおこすもとになる基礎疾患がある(続発性(ぞくはつせい)の)糸球体の病気のなかで、その原因として比較的に多いものは、糖尿病性腎症(「糖尿病性腎症」)と全身性エリテマトーデスにともなうループス腎炎です。
[症状]
 基礎疾患がある場合は、たとえば糖尿病や全身性エリテマトーデスの症候がみられます。
 基礎疾患のない原発性の糸球体病変によっておこる無症候性たんぱく尿・血尿症候群では、ほとんど自覚症状がなく、持続的で軽度な、たんぱく尿と血尿がみられるくらいです。
 ただし、かぜなどをきっかけに肉眼的血尿(真っ赤な尿)がみられることもあります。また、IgA腎症であれば、なかには血液に含まれるIgAの値が高くなる場合もあります。
[治療]
 基礎疾患がある場合は、それに対する治療を行ないます。原発性の糸球体の病変が原因の場合は、根本的な治療法はありません。
 また、原則として、食事制限、運動制限の必要はありません。ただし、肉眼的血尿がみられた場合は、安静を保つことが必要で、安静にしていれば数日でみられなくなります。
 この疾患群では、ほとんど自覚症状がないため、通院をおこたりがちですが、定期的に専門医を受診し、尿、血圧、腎臓の機能の検査を受ける必要があります。というのは、慢性腎炎症候群に移行する時期、つまり高血圧や腎臓の機能低下を、できるだけ早く発見するためです。そして、そうなったら食事療法など適切な治療を受け、腎臓のはたらきを保つことがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

無症候性たんぱく尿/血尿症候群の関連キーワード早産小児慢性特定疾患萎縮腎腎炎何心地不死身プリマドンナ慢性疾患ヴィダールの法則糸球体腎炎 (glomerulonephritis)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone