コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IgA腎症 アイジーエーじんしょう

4件 の用語解説(IgA腎症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IgA腎症
アイジーエーじんしょう

膜性腎炎の一種。以前から膜性腎炎の一部として慢性腎炎と呼ばれていたものが,はっきり認知されるようになったもの。膜性腎炎は蛋白尿が主症状だが,IgA腎症では血尿がみられる。 40歳以上に多く現れる膜性腎炎に比べて若い人に多いが,進行がゆるやかなため早期発見がされにくく,見つかったときには症状が悪化している場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイジーエー‐じんしょう〔‐ジンシヤウ〕【IgA腎症】

IgA Nephropathy腎臓糸球体にIgAという免疫グロブリン抗体)が沈着することで起こる慢性の腎炎

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

あいじーえーじんしょう【IgA腎症 IgA Nephropathy】

[どんな病気か]
 IgA腎症は、日本では、糸球体(しきゅうたい)そのものの病変が原因(原発性(げんぱつせい))である糸球体の病気のなかで、もっとも多いものです。
 以前は、この病気の経過はよく、腎臓(じんぞう)のはたらきが低下することは少ないと考えられていました。
 しかし現在では、かならずしもそうではなく、末期的な腎不全(じんふぜん)におちいる場合もかなりあることがわかってきました。
[原因]
 IgA腎症がどのようにしておこるのか、よくわかってはいません。
 しかし、糸球体に免疫(めんえき)グロブリン(抗体(こうたい)や抗体に類似したたんぱく質)の一種であるIgAが沈着していること、また血液中のIgAの値が約半数の患者さんで高くなっていることから、なんらかの原因で、からだの中で産生されたIgAが糸球体に沈着して、糸球体腎炎をおこすと考えられます。
[症状]
 「IgA腎症の診断基準」は、IgA腎症と診断するときの基準になるものです。大部分の場合、無症候性自覚症状がない)で、偶然、たんぱく尿または血尿(けつにょう)、あるいはその両方が見つかって発見されます。
 また、かぜの後、突然に肉眼的血尿(真っ赤な尿)がみられることもありますが、それもたいていは数日でみられなくなります。
 まれに、たんぱく尿や血尿とともに高血圧やむくみ、腎臓の機能低下をともない、急性に発病することもあります(急性腎炎症候群(きゅうせいじんえんしょうこうぐん)として現われる)。
[治療]
 たんぱく尿の量、血圧の測定、腎臓の機能の検査を行ない、病状が安定している場合は、一般的には特別な治療は必要ありません。
 臨床症状は、無症候性(むしょうこうせい)たんぱく尿(にょう)・血尿症候群(けつにょうしょうこうぐん)(「無症候性たんぱく尿/血尿症候群」)、急速進行性腎炎症候群(きゅうそくしんこうせいじんえんしょうこうぐん)(「急速進行性腎炎症候群」)、急性腎炎症候群(「急性腎炎症候群」)、慢性腎炎症候群(まんせいじんえんしょうこうぐん)(「慢性腎炎症候群」)、ネフローゼ症候群(「ネフローゼ症候群」)のどれかとして現われます。ですから、その状態に応じて治療、対処することが必要です。
 IgA腎症の長期的な経過をみると、約50%の人が、無症候性たんぱく尿・血尿症候群のままですが、残りの50%は病状が進行します。
 そのうちの25%は、たんぱく尿の悪化をともないながら、徐々に腎臓の機能が低下し、10~20年後には末期腎不全(まっきじんふぜん)におちいります。
 残りの25%は、徐々に腎臓のはたらきが悪くはなりますが、10~20年たっても慢性腎炎症候群の病像のままで、ある程度腎臓の機能に障害が出たとしても、末期的な腎不全にはなりません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IgA腎症
あいじーえーじんしょう

糸球体腎炎のうち、免疫グロブリンの一つであるIgA(免疫グロブリンA)の糸球体への沈着により起こるとされる慢性病。糸球体自体から発生する原発性糸球体腎炎のなかではもっとも頻度の高い疾患で、最初に報告したフランス病理学者の名を冠してベルジェ病ともよばれる。IgAは、体外から侵入する抗原をとらえて攻撃する抗体で、攻撃対象の抗原として細菌やウイルスあるいはタンパクなどが指摘されているが、詳しくはまだ明らかになっていない。自覚症状のないまま経過しゆるやかに腎不全に移行していくことが多いが、一方で血尿がみいだされたとしてもそのまま自然に治ってしまうことも珍しくない。発症原因は不明な点が多く、腎臓にとどまらない全身性疾患も示唆されており、またこの疾患が多い家系も報告され、家族性素因も指摘されている。確立された治療法もないが、炎症に対しては薬物治療が有効とされる場合がある。日本では新たに指定難病に加えられ2015年(平成27)から助成対象となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IgA腎症の関連キーワード急性腎炎慢性腎炎ANCA関連腎炎急性糸球体腎炎慢性糸球体腎炎ヴィダールの法則急性腎炎症候群の原因となる病気急速進行性腎炎症候群の原因となる病気慢性腎炎症候群/無症候性たんぱく尿/血尿症候群の原因となる病気糸球体腎炎 (glomerulonephritis)水腎症IgA腎症何心地何なり不死身プリマドンナ病は気から腎症候性出血熱腎症バルカン腎症

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IgA腎症の関連情報