コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼きなまし(焼鈍し) やきなましannealing

世界大百科事典 第2版の解説

やきなまし【焼きなまし(焼鈍し) annealing】

熱処理の一種。焼鈍(しようどん)ともいう。熱的に平衡な状態になるように高温に加熱する操作の総称。通常は加熱後の徐冷を伴い,これによって材料は軟化する。焼入れと組み合わせて材料の硬さ,靱性(じんせい)などの向上を目的として行うときには,この操作を焼戻しと呼ぶ。もともとは焼入れ‐焼戻し,塑性変形などによって硬化した鋼を赤熱させた後,わら灰の中に入れるなどして徐冷し,軟化させることを意味した。これは現在,鋼の完全焼きなましと呼ばれるものであり,〈オーステナイト〉から比較的粗い〈パーライト〉を生成させることに対応する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

焼きなまし(焼鈍し)の関連キーワード熱処理

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android