コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼きなまし(焼鈍し) やきなまし annealing

1件 の用語解説(焼きなまし(焼鈍し)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やきなまし【焼きなまし(焼鈍し) annealing】

熱処理の一種。焼鈍(しようどん)ともいう。熱的に平衡な状態になるように高温に加熱する操作の総称。通常は加熱後の徐冷を伴い,これによって材料は軟化する。焼入れ組み合わせて材料の硬さ,靱性(じんせい)などの向上を目的として行うときには,この操作を焼戻しと呼ぶ。もともとは焼入れ焼戻し塑性変形などによって硬化した鋼を赤熱させた後,わら灰の中に入れるなどして徐冷し,軟化させることを意味した。これは現在,鋼の完全焼きなまし呼ばれるものであり,〈オーステナイト〉から比較的粗い〈パーライト〉を生成させることに対応する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

焼きなまし(焼鈍し)の関連キーワード焼鈍熱処理牛丼素饂飩狸饂飩熱処理炉紐革饂飩焼きなまし熱処理 (heat treatment)盛り饂飩

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone