コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼きなまし やきなましannealing

岩石学辞典の解説

焼きなまし

材料を適当な温度に加熱した後ゆっくり長時間冷却する熱処理で,この過程均質化,加工組織および内部応力の除去が行われる.変成岩の場合にも変形した岩石高温に保たれている間に回復する過程で,静的な再結晶作用を含み,新しい歪みのない結晶粒が形成される.焼鈍(しょうどん)ともいう.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼きなまし
やきなまし
annealing

材料を適当な温度に加熱して、しばらく保持したのち、徐冷する操作を焼きなまし(または焼鈍(しょうどん))という。狭義では硬いものを軟らかくすることを意味するが、広義では次のように各種の目的で行われる処理を総称する。
(1)拡散焼きなまし(均質化焼きなまし) 凝固したままの材料は、化学組成が不均一なので、融点直下の温度で加熱して原子の相互拡散を行わせて、組成を均質にする。この操作を拡散焼きなましという。
(2)完全焼きなまし 材料を圧延法や伸線法によって加工すると一般に硬くなる。これを適当な温度に加熱して、加工の際に導入された各種の格子欠陥を消滅させ、完全に軟らかい状態にすることを完全焼きなましという。この操作によって材料の組織は、ひずみのない等方的な結晶の集合体に生まれ変わる。
(3)球状化焼きなまし 異種の板状結晶が交互に重なり合った層状組織を、適当な温度で加熱すると、界面張力の作用によって一方の相が球状の分散相になる。これを球状化焼きなましといい、靭(じん)性を向上させる目的で行われる。鉄鋼材料の重要な熱処理の一つである。
(4)応力除去焼きなまし 加工、鋳造、溶接などの際に生じた残留応力を除去するための操作である。とくに、ガラスの応力除去焼きなましは重要であって、残留応力に基づく破砕や光の複屈折を防止する効果がある。[西沢泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

焼きなましの関連キーワード焼きなまし(焼鈍し)ケイ素鋼(珪素鋼)亜酸化銅整流素子セメンタイトステンレス鋼パーライト放射線損傷マンガニンリン青銅ピアノ線電気標準高張力鋼時期割れ電縫鋼管亜結晶粒スケールサンプラ新KS鋼冷間加工真空鋳造

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼きなましの関連情報