コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱塩加納 あつしおかのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱塩加納
あつしおかのう

福島県北西部,喜多方市北部の旧村域。会津盆地北端にある。北は飯豊山地を隔て,山形県に接する。 1954年熱塩村と加納村,朝倉村の一部が合体して熱塩加納村が成立。 2006年喜多方市,塩川町,山都町,高郷村と合体して喜多方市となった。かつては銀山,銅山があったが,1972年に廃山米作のほかアスパラガスなどの栽培が行なわれ,有機農法に取り組んでいる。福島県内で古い歴史をもつ熱塩温泉がある。虚空蔵菩薩を本尊とする示現寺には,国の重要文化財の椿彫木彩漆笈がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱塩加納
あつしおかのう

福島県北部、耶麻(やま)郡にあった旧村名(熱塩加納村(むら))。現在は喜多方(きたかた)市熱塩加納町地区で、市の北部、会津盆地の北端を占める。旧熱塩加納村は、1954年(昭和29)熱塩、加納の2村が合併して成立。2006年(平成18)塩川、山都(やまと)、高郷(たかさと)の3町とともに喜多方市に合併。農業を主とする。加納は中世の加納荘(しょう)の地。かつては加納鉱山、与内畑(よないはた)鉱山(石膏(せっこう))などがあった。熱塩、日中両温泉がある。[安田初雄]
『『熱塩加納村史』(1976~1982・熱塩加納村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

熱塩加納の関連キーワード福島県喜多方市塩川(旧町名)三ノ倉スキー場喜多方(市)日中線記念館加納鉱山山都町瓜生岩

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱塩加納の関連情報