喜多方市(読み)きたかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多方〔市〕
きたかた

福島県北西部,会津盆地北部にある市。北で山形県に接する。 1954年喜多方町と岩月村,松山村,慶徳村,豊川村,関柴村,熊倉村,上三宮村の7村が合体して市制。 2006年熱塩加納村,塩川町,山都町,高郷村の2町2村と合体。中心市街は田付川 (たづきがわ) の両岸にまたがり,市場町として発展。古くから北方 (きたかた) 8万石と称された会津の穀倉地帯で,米,アスパラガスやトマトなどの野菜,ソバの生産が多い。そのほか酒造業や味噌,醤油などの醸造業,桐材加工,漆器製造などの伝統産業,および非鉄金属,電気をはじめとする工業が盛ん。熊野神社長床,願成寺の来迎三尊像,中善寺の薬師如来坐像,示現寺の椿彫木彩漆笈などが国の重要文化財に指定。市域北部は飯豊山地に属し,一部地域は磐梯朝日国立公園に属している。「蔵とラーメンのまち」として観光客も多い。 JR磐越西線,国道 121号線,459号線が通じる。面積 554.63km2。人口 4万9377(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜多方市の関連情報