コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱田貝塚 あつたかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱田貝塚
あつたかいづか

愛知県名古屋市熱田区にある弥生時代前期から後期の遺跡。 1907年に発見され,弥生土器石器が伴出したことから,弥生土器が石器時代の所産と認められた。当時は縄文土器と弥生土器の編年が問題にされていたときで,両文化の位置づけに寄与した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あつたかいづか【熱田貝塚】

名古屋市熱田区外土居町から高蔵町一帯にある,弥生時代前期から中期・後期,さらに古墳時代にわたる大遺跡。1898年に発見され,次いで1908年鍵谷徳三郎により弥生式土器と石器の共存が確認報告されたことは学史に名高い。43年東大人類学教室,54年に南山大学が発掘。高蔵町には弥生時代前期の貝塚があり,西日本系の前期弥生式土器と縄文系の条痕土器が混在して出土した。弥生時代中期は外土居町が主となり,後期は遺物層が全域にひろがる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あつたかいづか【熱田貝塚】

名古屋市熱田区にある弥生時代の貝塚。弥生土器が石器や骨器とともに出土し、弥生文化の存在を確認する端緒となった。高蔵貝塚。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱田貝塚
あつたかいづか

名古屋市熱田区沢上(さわかみ)、外土居(そとどい)町、高蔵(たかくら)町、夜寒(よさむ)町など、熱田台地の東側に点在する弥生(やよい)時代の貝塚。高蔵貝塚ともよばれる。主として海産の貝類よりなり、前期より後期に至る各様式の弥生土器のほか、土師器(はじき)、須恵器(すえき)も出土する。明治30年代からすでに遺物が採集されていたが、1908年(明治41)鍵谷徳三郎が、弥生土器に石器が共伴する事実と、刻(きざ)み目のついた馬骨の出土を報告して、学界の注目を集めた。以来たびたび小発掘が行われ、抜歯のある人骨や、パレス・スタイルとよばれる華麗な土器が発見されたことなども、本遺跡を有名にした。しかし、本格的発掘調査はついに行われずに、市街化してしまった。[加納俊介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

熱田貝塚の関連キーワード愛知県名古屋市熱田区小川栄一(1)弥生文化高蔵貝塚端緒骨器

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android